専門医が解説

急増する“スマホ体調不良”30~40歳で老眼発症も

2016年01月15日(金) 11時00分
〈週刊女性1月26日号〉
2016年01月15日(金) 11時00分
〈週刊女性1月26日号〉

sumaho01151

 スマホの使いすぎは万病のもと。便利に使いこなしているつもりのスマホに、現代人の多くは逆に使われている、知らぬ間にスマホに支配されているのではないか。医療関係者がそのように警鐘を鳴らす、スマホ発の体調不良が、ジワリジワリと利用者をむしばんでいるという。

 小学生でもスマホをいじっている昨今、目の酷使が、老化を早めている。浅川クリニックの浅川雅晴院長に聞いてみた。

「育ち盛りの若いうちからスマホやゲーム漬けでいると、30~40歳くらいで老眼を発症してしまいます」

 目が疲れるのは、最も自覚できる症状だが、目薬をさす程度では気休めにすぎない。

「ガラケーに比べスマホの作業は複雑で、脳への負担が多く、脳細胞が疲れやすくなります。人間の脳は本などを読んでゆっくりと考えることに向いており、次々に流れてくる大量の情報を追っていると、オーバーヒートしてしまいます。気がつくと1時間ぐらい使い続けていることがありますが、その間、脳、目、指は働き続けているため、三重に疲労がたまっていきます」

 さらに、浅川院長はこう続ける。

「脳の疲労によって“テクノストレス”が生まれ、それによる不眠を『テクノストレス不眠』と呼びます。寝る前に画面の明るい光が目に入ると脳が刺激され、活動時や緊張時、ストレスを感じている時に働く交感神経が活発になり、寝つけない、眠りが浅いなどの問題が生じます」

 そして、意外な影響も指摘する。

「唾液はリラックス時などに働く副交感神経の作用で出ますが、交感神経が働き続けると出なくなり、口内の細菌が異常繁殖します。結果、口臭が強くなってしまうのです」

 さまざまな症状が、スマホによってもたらされるが、「30年間で10万人以上の患者さんを診てきた」という東京脳神経センターの松井孝嘉理事長は「めまいや発熱、全身倦怠など不定愁訴と呼ばれる症状が起こり、幸せや安らぎを感じられなくなります」と、首こりから生まれる症状の重さを指摘する。

「体内の生命活動をコントロールする自律神経が乱れ副交感神経の働きが弱まると、疲労が取れなくなり、昼間から横になったりする人もいます。多くの人は、体調不良の原因が首にあるとはまず思わないでしょう。

 症状に見合った病院をはしごしても治らないから、さらに気持ちがふさぎこみ、パニック障害やうつへとつながっていきます。ひどくなると重い精神疾患、最終的には自殺思考になる人もいます」(松井理事長)

関連記事

美容・健康
今すぐ始める!ホ...

1日のリズム意識で若返る?

2015年02月06日(金) 20時30分
〈週刊女性2月17日号〉
子育て・教育
気付いたらスマホ...

過度なネット依存に潜むサイン

2015年04月20日(月) 16時00分
〈週刊女性4月28日号〉
子育て・教育
はっきりとした病...

「スマホ依存症」とは何か

2015年04月20日(月) 11時00分
〈週刊女性4月28日号〉
子育て・教育
新入生に向けられ...

「スマホやめますか?」に賛否

2015年04月19日(日) 16時00分
〈週刊女性4月28日号〉
美容・健康
1週間で顔が劇的...

お手軽二重あご解消法

2015年02月16日(月) 06時00分
〈週刊女性2月24日号〉
テレビ
『コレ考えた人、...

渡部、水没スマホを復活させる

2015年02月05日(木) 16時00分
〈週刊女性2月17日号〉

オススメ記事

文化人
Twitterや...

フィフィ指摘ファンとの距離感

2016年05月25日(水) 17時40分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
バレーボール・タ...

フィフィ言及スポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
災害
高須クリニック・...

高須院長が語る被災地支援方法

2016年04月29日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ