本間朝子さんがアドバイス

“ながら掃除”すぐ手に取れる場所に道具を置くことが鉄則

2016年01月07日(木) 11時00分
〈週刊女性1月19日号〉
2016年01月07日(木) 11時00分
〈週刊女性1月19日号〉

20160119_yurutoku_1

 家事の効率化を目的とした“知的家事”を提唱する本間朝子さん。もともと家事が大好きだったのかと思いきや、意外な過去を明かしてくれた。

「掃除が苦手で、苦痛でした。大嫌いだったからこそいかに効率化するかを考えるようになったんです」

 行きついたのは、こまめな“ながら掃除”。

「初めはただのホコリでも、放置すると油や水分を吸って頑固な汚れに変化して、乾拭きしただけでは落ちにくくなります。だから、こまめにふいてあげることが大事。私は朝起きてからリビングに向かうまでの“歩きながら掃除”や、“友人と電話をしながら片手で掃除”を行います。そのために、いつでも気づいたときに、すぐ手に取れる場所に道具を置くことが鉄則なんです」

 本間さん流の知的家事は、掃除だけでなく料理や洗濯にも、そのメソッドが応用される。ズボラ主婦でもすぐできる小ワザを紹介。

<掃除編>
■ついで掃除を誘うグッズ配置

「とにかくすぐに手に取れる場所に掃除道具を」(本間さん)

 自宅にはリビングだけでもモップ類は4か所に配置。各部屋にもそれぞれ常備している。気づいたときにさっとすぐに掃除できるのがポイント。

■植木やゴミ箱はキャスターつき

 ゴミ箱や、観葉植物など重くて持ち上げづらいものは、つい避けて掃除しがち。

「置いたままだと汚れもたまるので、床に直置きしないのがベスト。キャスターつきを選ぶか、キャスター台にのせる工夫を」(本間さん)

■洗面所には小さなスポンジとミニタオル

「洗面台には、小さく切ったスポンジとミニタオルを常備しておきます」(本間さん)

 手を洗うついでに、ハンドソープをつけたスポンジでササッと排水溝などを掃除。洗面台使用後に飛び散った水は、ミニタオルですぐにふいて。

関連記事

家事・節約
片づけコンサルタ...

近藤麻理恵直伝の片づけ術

2015年12月05日(土) 05時00分
〈週刊女性12月15日号〉
ブーム
ミニマリストのリ...

怒りん坊のダメ主婦が変身

2015年11月07日(土) 05時00分
〈週刊女性11月17日号〉
ブーム
ブームの火つけ役...

今話題のミニマリストって何?

2015年11月06日(金) 05時00分
〈週刊女性11月17日号〉
夫婦・家族
イマドキ奥さんタ...

ワーキング妻「学費に年300万...

2015年10月18日(日) 11時00分
〈週刊女性10月27日号〉
マネー
トイレ、リビング...

トイレで読書がNGな理由

2015年05月31日(日) 16時00分
〈週刊女性6月9日号〉
恋愛・結婚
男の行動の操り方

男性がだらける理由とは?

2015年05月11日(月) 16時00分
〈週刊女性5月12・19日号〉

オススメ記事

お笑い芸人
8月12日発売、...

キンコン西野がビジネス書を出版

2016年06月24日(金) 16時00分
〈週刊女性PRIME〉
インフォメーション
9月から大阪&a...

「おそ松さん」舞台化に密着

2016年06月23日(木) 18時00分
〈「週刊女性」本誌よりお知らせ〉
文化人
直撃インタビュー

フィフィ、ファンキー謝罪を斬る

2016年06月10日(金) 11時00分
〈週刊女性PRIME〉
女性
高須クリニック・...

高須院長、矢口は「悪くない」

2016年06月10日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ