『教室内カースト』の著者が語る

スクールカーストに悩む学生へ「たまたま運が悪かっただけ」

2015年07月17日(金) 11時00分
〈週刊女性7月28日号〉
2015年07月17日(金) 11時00分
〈週刊女性7月28日号〉

 いじめか一見判断がつかない、スクールカーストの存在が社会問題になっている。

 スクールカーストは教室内での身分制をさす言葉。同学年の同級生でありながら、どのグループに属しているかによってクラスでの地位が決まる。いわば階級社会が子どもたちによって作られているのだ。

JKimage

*写真はイメージです

 キャラと並び、もうひとつキーワードとなるのが“コミュ力”ことコミュニケーション能力だと『教室内カースト』の著者で、秋田大学大学院助教の鈴木翔さん(教育社会学)は分析する。

「異常に重視されていますね。でも僕は、コミュ力に長けているからカースト上位になるのではなく、その逆だと思っています。上位の子たちはクラスで権力を持っているので、自分が思うとおりに振る舞える。いろんな人とコミュニケーションをとって、ニコニコお話しして、みんなから笑いをとれるわけです。そうした上位カーストの恩恵で、コミュ力があるように見えるのではないでしょうか」

 鈴木さんの著書に登場する子どもたちは、各グループの種類をさまざまな名称で表現している。カーストの上から順に、ギャル・キャピ系・普通・地味・オタク・残念な人。ヤンキー・清楚系・普通・地味。クラスで幅をきかせる特権階級には、いずれも自己主張できるタイプが目立つ。

「気が強い子とか、女子だとかわいい子、おしゃれに気を遣っている子あたりが上位に来ます。ただ、上位になると、下位の子をいじらなければならないなど、常に上位らしい振る舞いが求められる。それに息苦しさを感じている子どもは珍しくありません」

 スクールカーストは生徒だけを縛るものではない。カーストの存在を問題視するでもなく、能力差とみなす教師もいるからだ。

「今の学校現場では、先生たちは“勉強やスポーツ以外も評価しろ”“もっと生徒のいいところを見つけろ”と言われています。となれば、みんなと協調的に生活するコミュニケーション能力に行きつく。カースト上位の生徒を評価せざるをえない状況にあるのです」

 ひとたび固定化された地位を覆すことは難しい。

「地位が固定化されると、“自分より下なんだから、これぐらいは……”というノリが共有されます。すると悪気もなくいじめがエスカレートしていく。最初は探り探りやっていても許容範囲が押し広げられ、その結果、ニュースで報じられるような自殺事件にまで行きつくこともあります」

 鈴木さんは訴えかける。

「スクールカーストはずっと続くわけじゃない。たまたま運が悪かっただけで、きみのせいではないよと大人が言ってあげる。それだけでかなり違うと思います」

関連記事

子育て・教育
30年前とは違う

子育て最新常識とは?

2016年04月08日(金) 11時00分
〈週刊女性2016年4月19日号〉
子育て・教育
識者がアドバイス

子どものトラブルで仲間外れ

2016年03月28日(月) 16時00分
〈週刊女性2016年4月5日号〉
子育て・教育
識者がアドバイス

ランチ断りママ友から仲間外れ

2016年03月28日(月) 11時00分
〈週刊女性2016年4月5日号〉
子育て・教育
識者がアドバイス

LINEグループのけ者対策

2016年03月28日(月) 05時00分
〈週刊女性2016年4月5日号〉
子育て・教育
タイプ別

ブラックママ友に狙われるのは

2016年03月27日(日) 16時00分
〈週刊女性2016年4月5日号〉
子育て・教育
村木栄一さんに聞...

優れた制度・就学援助制度とは

2016年03月18日(金) 16時00分
〈週刊女性2016年3月29日号〉

オススメ記事

文化人
Twitterや...

フィフィ指摘ファンとの距離感

2016年05月25日(水) 17時40分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
バレーボール・タ...

フィフィ言及スポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
災害
高須クリニック・...

高須院長が語る被災地支援方法

2016年04月29日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ