新制度の光と闇

ストレスチェック制度、漏洩すると差別的な対応の可能性も

2016年01月28日(木) 16時00分
〈週刊女性2016年2月9日号〉
2016年01月28日(木) 16時00分
〈週刊女性2016年2月9日号〉

check0128

 働く人の心の健康を守るための『ストレスチェック制度』(改正労働安全衛生法)が昨年12月に法制化された。50人以上の社員がいる企業に、年に1回の施行が義務づけられている。

 チェックの結果は、検査をした医師が回答者本人に直接、通知する。結果について会社側に通知すべきと判断した場合は、労働者の同意を得られたときのみ、会社側に通知することができる。拒否すれば会社へ知らされることはなく、プライバシーは守られる仕組みだ。

「ストレスチェックの結果が、ハッキングなどが原因となり、他人に知られてしまう危険性はあります。ストレスを抱えているということを会社に知られたくない、家族に知られたくない、という人は少なくないでしょう。 万が一、結果が漏洩してしまった場合、会社から不当な扱いを受けたり、差別的な対応をされたりする可能性も、ゼロとは言い切れません」(精神科医で『ゆうメンタルクリニック』代表のゆうきゆう医師)

 “あの人にはこれ以上、仕事が振れないから、給料を安くしよう”“この人は健康だから、もっと仕事量を増やそう”……。こんなふうに、仕事のマイナス評価や過労に結びつくなら、働き盛りの夫の妻としてはタダごとじゃない。

「原則として、チェックの結果によって利益・不利益をこうむることはありません。言い替えれば“仕事をあまりしたくないから、ストレスが多いように見せよう”という考えのもとに、回答でウソを吐くメリットもないということです」(ゆうき医師)

 また反対に、タフな男を印象づけようとする試みもやはり難しい。厚労省の簡易チェックの問題数は全部で57問。チェック項目に対して虚偽の申告をすることは可能だが、ストレスチェックの項目は数が多く、質問の種類も豊富。

「思いどおりの結果を恣意的に出すことは不可能だ」とゆうき医師は語る。

「例えば“身体をよく使う仕事だ”というチェック項目の答え方によって、どのような結果が出るかなど、パッと見ただけでは判断できないでしょう」(ゆうき医師)

 望みどおりの結果を出すために回答を選択し続けるのは、難しいようだ。

関連記事

夫婦・家族
家事のやり方次第...

楽しく介護する3つの『R』

2015年11月15日(日) 16時00分
〈週刊女性11月24日号〉
夫婦・家族
イマドキ奥さんタ...

ワーキング妻「学費に年300万...

2015年10月18日(日) 11時00分
〈週刊女性10月27日号〉
美容・健康
怖いのは熱中症だ...

汗のかき方と病気の関係

2015年06月28日(日) 16時00分
〈週刊女性7月7日号〉
事件
死因を調べた報告...

奈良中1いじめ自殺、母が激白

2015年06月21日(日) 11時00分
〈週刊女性6月30日号〉
恋愛・結婚
男性の基本的な性...

男性は手を尽くしても変化せず

2015年05月08日(金) 16時00分
〈週刊女性5月12・19日号〉

オススメ記事

文化人
バレーボール・タ...

フィフィ語るスポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
不正疑惑で会見も...

フィフィ、東京都政に物申す

2016年05月14日(土) 17時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
大切なのはリテラ...

フィフィ エロバナーに激おこ

2016年05月07日(土) 18時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ