家庭のストレス

ラーメンも作れない男性「自分ひとりでは何もできない」

2016年01月29日(金) 16時00分
〈週刊女性2016年2月9日号〉
2016年01月29日(金) 16時00分
〈週刊女性2016年2月9日号〉

nabe129

 働く人の心の健康を守るための『ストレスチェック制度』(改正労働安全衛生法)が昨年12月に法制化された。仕事の日は会社で1日の大半を過ごし、家にはほとんどいない夫たちは、家庭でもストレスを抱えている。

「外でバリバリ働いて疲れて帰ってきても、家だとリラックスできるから、また仕事を頑張れる」(28歳・自営業)

 そんな人もいるが、これは少数派。

「家に帰ってもどうせみんな寝ているしメシも冷たい。外で酒を飲んで憂さを晴らしている」(31歳・会社員)

「遅い帰宅だと怒られるし、早く帰れば邪険にされる。どこにいていいのかわからない」(49歳・自営業)

「何を言っても娘に無視され、にらまれる」(37歳・公務員)

 家庭をかえりみず仕事に励んだ結果、家族の中で居場所を失ってしまったのだ。

「家の中のことを把握していないので、ひとりでは何もできない。無力感で不安になるようです」(精神科医で『ゆうメンタルクリニック』代表のゆうきゆう医師)

 一家の稼ぎ頭のストレスを見抜くために、エピソードを参考に。

「早期退職をして、家にいることが多くなった私。妻は友人たちと出かけたり、カルチャースクールに通ったりと日々を謳歌していて、家を空けることも少なくありません。

 ある朝起きると、例によって妻はとっくに外出したあと。“自分の食事は自分で作って食べてくださいね”という置き手紙がありました。“まあ、そんな日もあるだろう”と、昼はインスタントラーメンでも煮て食べようと思っていました。

 いざ腹が減り、料理をしようとしたのですが、どこを探しても鍋が見つからないのです。困り果てて結局、コンビニで食事を買ってきたのですが、これは家のことを妻に任せきりにしていたせい。“自分ひとりでは何もできない”という情けなさを痛感しました……」(58歳・無職)

「息子が脚を骨折してしまい、松葉杖を使っても、歩くのが難しい時期がありました。雪国に暮らしていたので、登下校はしばらくの間、車で送迎をしてやらなければならず、妻と分担する予定でした。

 しかし、仕事で長期の出張が入ってしまい、息子の世話は妻に任せることに。申し訳ない気持ちはありましたが、“しかたない”と妻も言ってくれたので、理解してもらえている、と安心していました。

 息子のケガも治り、2人で一緒に買い物に出かけると、道行く奥さんたちからの視線が集中。ヒソヒソ声まで聞こえてくる。

 “夫が息子の世話を押しつけた”という妻のグチが出回ってしまい、ダメ夫のレッテルを貼られてしまったようです。外を出歩くのが苦痛。いつか名誉挽回できればよいのですが……」(36歳・会社員)

関連記事

事件
兵庫・明石発

餃子4時間籠城 茶化す客増加

2015年12月27日(日) 16時00分
〈週刊女性1月5・12日合併号〉
文化人
山岸一雄さんの思...

2代目大勝軒店主が語る秘話

2015年07月04日(土) 11時00分
〈週刊女性7月14日号〉
グルメ・食事
キアヌもジャッキ...

来日セレブ御用達のラーメン店

2015年05月06日(水) 16時00分
〈週刊女性5月12・19日号〉
夫婦・家族
定年後の“夫育て...

「居間夫」卒業で知った恩恵

2015年04月18日(土) 06時00分
〈週刊女性4月28日号〉
恋愛・結婚
専門家が分析

小遣い制の夫は鬱憤たまる傾向

2015年12月07日(月) 05時00分
〈週刊女性12月15日号〉
夫婦・家族
嫁と姑にアンケー...

嫁姑バトルのお財布事情

2015年09月07日(月) 16時00分
〈週刊女性9月15日号〉

オススメ記事

インフォメーション
アンケート募集

美意識が高いアラフォー女優は?

2016年06月27日(月) 06時00分
〈週刊女性PRIME〉
お笑い芸人
8月12日発売、...

キンコン西野がビジネス書を出版

2016年06月24日(金) 16時00分
〈文/西野亮廣【連載第1回】〉
ファミリー
高須クリニック・...

高須院長、海老蔵の会見を絶賛

2016年06月24日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
インフォメーション
9月から大阪&a...

「おそ松さん」舞台化に密着

2016年06月23日(木) 18時00分
〈「週刊女性」本誌よりお知らせ〉

ページトップ