おひとりさま事情

シングル介護の44歳女性「認知症の母を殺しそうになった」

2016年01月31日(日) 11時00分
〈週刊女性2016年2月9日号〉
2016年01月31日(日) 11時00分
〈週刊女性2016年2月9日号〉

kaigo1115_1

 かつては一家の“嫁”が担うものとされてきた介護。その風景は、少子高齢化や非婚率の上昇に伴い様変わりしている。結婚していない子どもが親の介護を担う『シングル介護』が増えつつあるのだ。

「認知症の母を殺しそうになったんです」

 そうショッキングな告白をするのは和氣美枝さん(44)。シングル介護が始まったのは32歳のとき。それ以来、常に働きながら母を看続けてきた。

「『アルツハイマー型認知症』とわかる前から、母はうつ病のなかでも症状の重い『反復性大うつ病』にかかっていました。気分にアップダウンがあって、ひどいときは着替えもできないし、ごはんも食べない。薬も飲めない。うつ病の治療で入院させたほうがいいのはわかっていたけれど、入院して環境が変わると、今度は認知症が進んでしまう。怖くて躊躇していました」

 ある日、薬を飲もうとしない母に、和氣さんはペットボトルの水と薬、キウイフルーツを無理やり口に押し込んでしまう。はっきりと殺意を感じていた。

「私さえガマンすればいいと思っていました。そのうち、自分でも何がつらいのかわからなくなっていた」

 このままでは殺してしまう。思わず身震いした和氣さんは、親を介護している仲間や支援者に相談。限界を認めて母を入院させることに決めた。

 そして、「母を殺さずにすんだのは、どこに助けを求めればいいかわかっていたし、支えてくれる人たちがいたから」と断言する。

 実は和氣さんは、働く介護者の相談に乗ったり情報提供したりする『ワーク&ケアバランス研究所』の主宰。言わば“介護者のプロ”だ。しかし、専門知識と経験をあわせ持つ立場であっても、過度の負担にひとりで長く耐えられるものではない。

「おひとりさまの介護は、何でも自分で決められるというメリットがある一方、ひとりで問題を抱え込みやすい。特に、ひとりっ子の場合、育ててもらった親への感謝が深く、介護にのめり込む傾向があります。親子で依存して縛り合う関係に陥りがちです」

 これがシニアであれば、同世代の介護者を見つけて情報交換したり、悩みを打ち明けたりすることも比較的容易だ。しかしシングル介護に多いのは40~50代の働き盛り。地域コミュニティーとのかかわりも薄い。

「介護を受ける人には、介護保険がある。ケアマネージャーもいる。一方で介護をする人には何もないのが現状です。自分から“助けて”と声を上げなければ誰も助けてくれないし、残念ながら守ってくれる制度もありません」

 どこへ、どのように声をあげればいいのか。介護経験のある人たちや支援者が集い、相談もできる『ケアラーズカフェ』が手っ取り早い、と和氣さん。

「ケアマネージャーって何? という基本的な話から、角を立てずに担当者を代えてもらうためのノウハウまで、介護する人にとってかゆいところに手が届くアドバイスがもらえた。カフェが近くに見当たらない場合でも、介護経験のある人を頼って。それが難しければ、地域包括支援センターや行政という順に相談するのがいいでしょう」

 現役世代が多いシングル介護の場合、仕事との両立も悩みどころだ。政府はアベノミクス『新・三本の矢』に“介護離職ゼロ”を掲げるが、介護休業制度の利用率はわずか1割にとどまる。

「自分の人生をどうするかを優先に考えてほしいですね。仕事を辞めなければいけないと決めつけないで。迷った末に、介護をやめることもできる。選択肢はありますから」

関連記事

事件
利根川親子3人無...

深谷・介護疲れ心中は生活苦

2015年12月02日(水) 11時00分
〈週刊女性12月15日号〉
事件
埼玉県深谷市発

介護疲れ心中の三女 生活苦か

2015年12月02日(水) 16時00分
〈週刊女性12月15日号〉
夫婦・家族
家事のやり方次第...

楽しく介護する3つの『R』

2015年11月15日(日) 16時00分
〈週刊女性11月24日号〉
ニッポン
介護経験者が語る

介護生活で大切なこととは?

2015年09月27日(日) 16時00分
〈週刊女性10月6日号〉
ニッポン
介護中のリフレッ...

通信販売利用者は介護中多い?

2015年09月27日(日) 11時00分
〈週刊女性10月6日号〉

オススメ記事

文化人
舛添氏の後任は誰...

フィフィ「浮動票をナメてる」

2016年07月01日(金) 17時00分
〈週刊女性PRIME〉
お笑い芸人
8月12日発売、...

キンコン西野のビジネス書の中身

2016年07月01日(金) 16時00分
〈文/西野亮廣【連載第2回】〉
インフォメーション
ご協力お願い致し...

調査! 嫌いなテレビ局は?

2016年06月30日(木) 19時30分
〈「週刊女性」本誌からアンケートの...〉
ファミリー
高須クリニック・...

高須院長、海老蔵の会見を絶賛

2016年06月24日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ