弁護士に聞いた

父の再婚相手に財産を売られそう「今のうちに話し合いを」

2016年03月13日(日) 16時00分
〈週刊女性2016年3月22日号〉
2016年03月13日(日) 16時00分
〈週刊女性2016年3月22日号〉

20160322_souzoku_E

 昨年の相続税法改正により、納税義務がある人が約2万人も増えたという。「親がまだ元気だから……」「うちは財産がないから」なんて他人事のように考えていると、相続貧乏になるだけ。

 そこで年100件以上の相続相談を受ける徳原聖雨弁護士(弁護士法人・響)に、実際にあったケースに役立つアドバイスを教えてもらった。

【相談1】

 私は現在、父が起こした会社を引き継いで社長をしています。もともと父が小さな個人事業として始めた町工場でしたが、うまく軌道にのって本社ビルに工場を所有するまでに大きくなりました。

 現在、父は現役を退いてはいますが、会長という役職についてまだ実権を握っています。私の母は何十年も前に亡くなり、つい最近、父は再婚したんです。その相手は、なんと父と30歳も離れた女性でして……。私とあまり変わらない年齢なのです。

 再婚自体は喜ばしいことではあるのですが、父の死後が心配です。もともと小さな個人事業として始まったということもあり、現在の本社ビルや工場、その土地はすべて父の個人名義となっています。

 このまま父が亡くなると、再婚相手にも相続が発生することになりますよね……。再婚相手が第三者に不動産を売却してしまうと、会社の経営自体ができなくなるおそれが。どうしたらよいでしょうか?

【アドバイス】

 現状のままですと、お父さんが亡くなったあと、再婚相手に遺産の半分が相続されます。すると、再婚相手が遺産である本社ビルや工場の不動産の半分を第三者に売却する可能性もあるでしょう。持ち分が半分しかない不動産を誰が買うのかはまた別の話ですが、やはり不安ですよね。

 お父さん名義になっている本社ビルや工場を会社名義にするのがいちばんいいかもしれません。ただし、お父さんが応じてくれるかどうか……。

 後々のことも考えて、今の段階から再婚相手とも話し合いをしておきましょう。再婚相手が相続したとき“会社がビルや不動産をいくらで買い取る”というようなことを決めておくのも、ひとつの手かもしれませんね。

イラスト/坂木浩子

関連記事

法律
バレンタインは不...

浮気された時の法的措置Q&A

2015年02月02日(月) 07時00分
〈週刊女性〉
夫婦・家族
「親の家」を片づ...

どうする?遺品整理の実践Q&A

2015年02月19日(木) 11時00分
〈週刊女性3月3日号〉
男性
土地だけで5億円...

健さん養女の遺産相続40億円か

2015年08月15日(土) 16時00分
〈週刊女性8月18・25日号〉
女性
石井ふく子の暴露...

森光子さん死後2年-巻き込まれ...

2014年08月19日(火) 00時00分
〈週刊女性〉
男性
献身的に看病

松方弘樹 元女優と籍入れない訳

2016年03月09日(水) 05時00分
〈週刊女性2016年3月22日号〉
夫婦・家族
介護による相続問...

介護のゴールは「相続完了の時」

2016年02月19日(金) 05時00分
〈週刊女性2016年3月1日号〉

オススメ記事

インフォメーション
アンケート募集

美意識が高いアラフォー女優は?

2016年06月27日(月) 06時00分
〈週刊女性PRIME〉
お笑い芸人
8月12日発売、...

キンコン西野がビジネス書を出版

2016年06月24日(金) 16時00分
〈文/西野亮廣【連載第1回】〉
ファミリー
高須クリニック・...

高須院長、海老蔵の会見を絶賛

2016年06月24日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
インフォメーション
9月から大阪&a...

「おそ松さん」舞台化に密着

2016年06月23日(木) 18時00分
〈「週刊女性」本誌よりお知らせ〉

ページトップ