専門家に聞いた

セックスレス急増 解消方法は「理想の女性を演じる」

2016年02月13日(土) 05時00分
〈週刊女性2016年2月23日号〉
2016年02月13日(土) 05時00分
〈週刊女性2016年2月23日号〉

20160223_sexless_3

 最近多い“友達夫婦”の中には、「仲よしだから、セックスなしでもOK」と笑顔の方々もいるけれど、どちらかがしたいのに相手にその気がないとなれば、事態は深刻。実は、セックスレスは裁判で離婚理由として認められることがあり、場合によっては慰謝料だって請求できるのだ。

 レスに悩む女性たちがSNSを活用してお互いを励まし、情報交換し合う「CYSコミュニケーション」のアドバイザー・みみさんにレス解消法について聞いた。

・相談相手をつくる

 友人には相談しにくく、レス問題と無縁の人に相談してもつらいだけ。心置きなく相談できる相手を複数つくって(ただし、同性に限る)、それぞれに役割を担ってもらいましょう。

 いつも同調してくれる聞き上手、気分転換させてくれる明るい励まし役、「ウチの旦那も……」と一緒に毒舌を吐くガス抜き仲間、具体的な方法を示してくれる相談役など。

・相手(夫・彼)を知る

 レスをする男性の脳と身体について理解する。いろいろな情報を集めると、知らなかったことが数多くあるはず。そして夫の性的な趣味、嗜好などに目を向けてみる。

 SNSをやっていたら、そこから情報を得られることも。ただし、ずっと夫のことが頭から離れないという人は、一般的な男性を知るまでにとどめます。

・自分を知り、目的を明確にする

 現在、自分が夫にとってどのような立ち位置にいるのかを把握する。10段階の最高位が“愛し合っている妻”だとして、“異性の友人”“世話を焼く母親”“頼りない妹”“同性の友人”など、なるべく正確に。

 その立ち位置を1段ずつ上って、10段目のゴールを目指す。そのために、“自分のなりたい女性像=夫が抱きたい女”のイメージを具体的に箇条書きにしておく。

・理想の女性を演じる

 なりたい自分を具体的にイメージできたら、行動する際には常にこれを意識します。もとはといえば、夫が抱きたい女は結婚相手である妻に感じていたイメージでもあるので、その資質はあるでしょう。驚くかもしれませんが、人間の脳は環境に協調しやすく、続けていれば身につきます。

・自分を楽しむ

 理想の女性を演じるのは楽しいもの。家を片づける、きれいな服を着る、髪を切る、毎日運動をする、本を読むなど、やるべきことは盛りだくさんですが、内面から美しくなる自分にうっとりします。

 落ち込んだときは相談相手に頼って、夫のことは考えない。夫に何でも話したり、何度もメールを送りつけず、向こうからの会話やメールに応えるときは「明るく短く可愛らしく」を心がけて、夫から自立しましょう。

イラスト/百田まどか

関連記事

夫婦・家族
1か月の平均回数...

セックスレス急増 したくない理...

2016年02月11日(木) 11時00分
〈週刊女性2016年2月23日号〉
夫婦・家族
2位は「きっかけ...

妻・彼女とHしたくない理由1位

2016年02月11日(木) 16時00分
〈週刊女性2016年2月23日号〉
恋愛・結婚
おやつ型不倫が増...

会社で午前中不倫が流行る

2015年07月11日(土) 16時00分
〈週刊女性7月21日号〉
恋愛・結婚
昼顔妻、修羅場の...

不倫疑われた主婦の対策とは

2015年07月14日(火) 16時00分
〈週刊女性7月28日号〉
恋愛・結婚
夫に不倫疑われる

40代主婦自宅で不倫発覚寸前に

2015年07月15日(水) 05時00分
〈週刊女性7月28日号〉
恋愛・結婚
慎重派不倫妻の対...

不倫発覚防止でメールは数字

2015年07月15日(水) 11時00分
〈週刊女性7月28日号〉

オススメ記事

文化人
Twitterや...

フィフィ指摘ファンとの距離感

2016年05月25日(水) 17時40分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
バレーボール・タ...

フィフィ言及スポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
災害
高須クリニック・...

高須院長が語る被災地支援方法

2016年04月29日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ