主婦座談会

セックスレス経験者「自信を取り戻したくて不倫したことも」

2016年02月14日(日) 11時00分
〈週刊女性2016年2月23日号〉
2016年02月14日(日) 11時00分
〈週刊女性2016年2月23日号〉

20160223_sexless_1

 セックスレスに泣き、悩んでCYSコミュニケーションのSNSにたどり着いた、5人の女性たち。つらかった思い出から現在に至るまでの経験をリアルにトークしてもらった。

〈参加者〉
A美さん/20代後半。専業主婦。結婚3年目。夫と2人暮らし
B子さん/40代前半。パート。結婚16年目。夫と子ども2人の4人暮らし
C代さん/30代後半。会社員。結婚2年で別居、離婚に至る
D恵さん/30代前半。専業主婦。結婚6年目。夫と子ども1人の3人暮らし
E香さん/30代後半。専業主婦。結婚4年目。夫と2人暮らし

A美/セックスレスに悩む人たちが横につながって、こうして話をできる場があって本当によかった!

B子/レスで苦しむのは自分だけじゃない、仲間がいると知って安心したよね。

A美/私は長く付き合った末に結婚して、1年ほどたつと誘われなくなったんです。いつも私が怒ってケンカ疲れでボロボロだったころ、CYSにたどり着いて。当時は家で私が主導権を握っていたのだけれど、同性の友人関係のようで夫は去勢された状態だってアドバイスを受けた。

 私からベタベタするのをやめて、2人のことはなるべく彼にイニシアチブを渡すようにしたら、しばらくすると夫が自分で調べて私をあちこち連れ出したり、毎日あま~い言葉をかけてくれるように。半年ほどでセックスレスもほぼ解消して、そろそろ夫に妊活したいと伝えようかと思ってます!

C代/伝え方は「明るく、短く、かわいらしく」ね。昨年のCYSは妊娠、出産ラッシュだったし、A美さんもガンバって!

B子/私も夫とは長く付き合って会えばセックスしていたけれど、結婚3か月で上の子を妊娠して、産後から13年間ずっとレス状態。私からお願いして年に数回、AVを見ながらしたり、下の子の妊活もしたけれど、夫からのお誘いは一切なしで。

E香/それはつらい……。

B子/夫はこっそり自己処理しているし、私は完全に被害者気分で威圧的な妻になってた。買い物やギャンブルに走って、女の自信を取り戻したくて不倫にも手を出してしまって。

E香/不倫、どうでした?

B子/自信は取り戻した気がするけれど、やっぱり夫に抱かれたいと目が覚めて終わりました。みなさんに会って、自分が男性の心理や性に無知だとわかっていろいろ学んだの。まずはきちんとあいさつをして、夫に何かをしてもらったらお礼を伝えるようにしたら、それだけで「オレの死亡保険に入っただろう」って(笑い)。

 これまで夫に爆発させていた言葉は、ブログに書きなぐって、メンバーのみなさんに助けてもらいました。おかげで3か月ほど続けたら、夫からお誘いが!
 私自身も買い物やギャンブルをやめて、夫とはおやすみなさいのキスをしたり、会話も増えて、もちろんお誘いがあったときは「最大の喜び」を伝えて、夫にも自信を取り戻してもらってます。

C代/ステキ♪ 私はCYSで初めて受けた面談がきっかけで離婚を決めたの。その少し前からヨガセラピーを始めていて、自立心が強まっていた影響もあると思う。いまは新しいパートナーと出会って幸せです♪

A美/キッパリ離婚って!?

C代/元の夫とは付き合い始めて3か月でレスになって、結婚前後の計3年は完全レス。結婚前におかしいとも感じたけれど、大切にしてもらってると考えてた。本人も家族もお堅い職業だし、仕事と周囲に抑圧されているところがあって、抱けなかったのね。

 私も苦しくて体調を崩して。でも面談を受けて、彼のようなタイプは回復に時間がかかると知って、同時に「人生は短いですよ」という言葉に、2人の人生ではなく私の人生は私のものだと思えた。その後、弁護士を立てて、キレイに別れることができました。

D恵/私は結婚3年目からセックスレスになって、もうすぐ4年。初めての育児で余裕がなくて、夫に家事や育児の分担を要求してはダメ出しをしてた。

 これが積もり積もったのとあわせて、夫が激務で体調を崩したときに私が心配する様子を見せなかったらしく、同僚の女性と不倫を始めたんです。発覚したときはショックで眠れない、食べられない状態になって。

C代/キ、キツい……。

D恵/夫は優しくなって不倫相手と別れたといったけれど、陰で関係を続けていることが判明。結局レスもそのままで、何度も離婚を考えたけれど、まだ夫のことが大事だと思う瞬間があって、子どもも夫になついているのでとどまってます。

 CYSに登録してからこの春で1年。夫への監視をやめて、こちらから話しかけないように。おしゃれしたりヨガ教室に通って、自分を癒してる。

 夫は毎日、家に帰ってきて、私が頑張って作ったごはんを食べてくれるようになったし、家事を手伝って家族を大事にしてくれて、いまはこれだけでもいい。少しずつお互いの信頼を回復していって、レスを解消できるといいな。

B子/焦っちゃダメですよね。時間がかかるものだから。

E香/私は知り合って半年の超スピード婚だったけど、結婚前からまったくセックスがなかった。一緒に住み始めて1か月ほどたってもなくて、「やっぱりおかしい」と。それ以外は、家事も万能で理想的な夫なのに、ときどき発狂しそうなくらいつらかったな。

 結婚2年目にCYSに登録していろいろなページを読みまくって、自分にも関係のあるアドバイスを全部、一覧表にまとめて、なるべく忠実に行動を始めたんです。

A美/けっこう大変よね。

E香/でも、一気に始めたからやることがいっぱいで気が紛れた。自分からメールせず返信は30字以内にというアドバイスがあったけど、返信を何度も数えて書き直して完成した達成感で夫の反応はどうでもよくなった(笑い)。

 自分から話しかけず、スキンシップもせず、半月ほどで少しずつ夫からのスキンシップがあって、1か月ちょっとでその日が来ました! それからも、リストにまとめたアドバイスは守っていて、いまでは毎週末、ベッドに誘われてます♪

A美/遅かれ早かれ、自分が変われば相手にも変化があるよね。

C代/レスに悩んでいる人には、ぜひ私たちみたいに心置きなく言葉を交わせる場をもってほしいと思います。

関連記事

恋愛・結婚
「おやつ型不倫」...

40代女性が語る不倫の魅力

2015年07月11日(土) 05時00分
〈週刊女性7月21日号〉
恋愛・結婚
おやつ型不倫増加...

「エッチした」と書く不倫妻

2015年07月11日(土) 11時00分
〈週刊女性7月21日号〉
夫婦・家族
ダマしの現場

亡くなった後に隠し子発覚も

2015年12月07日(月) 11時00分
〈週刊女性12月15日号〉
夫婦・家族
ダマしの現場

浮気の証拠突き止める女性増加

2015年12月07日(月) 16時00分
〈週刊女性12月15日号〉
恋愛・結婚
専門家が分析

小遣い制の夫は鬱憤たまる傾向

2015年12月07日(月) 05時00分
〈週刊女性12月15日号〉
恋愛・結婚
弁護士に聞いた

モラハラでの離婚、鍵は?

2015年09月10日(木) 16時00分
〈週刊女性9月22日号〉

オススメ記事

インフォメーション
アンケート募集

美意識が高いアラフォー女優は?

2016年06月27日(月) 06時00分
〈週刊女性PRIME〉
お笑い芸人
8月12日発売、...

キンコン西野がビジネス書を出版

2016年06月24日(金) 16時00分
〈文/西野亮廣【連載第1回】〉
ファミリー
高須クリニック・...

高須院長、海老蔵の会見を絶賛

2016年06月24日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
インフォメーション
9月から大阪&a...

「おそ松さん」舞台化に密着

2016年06月23日(木) 18時00分
〈「週刊女性」本誌よりお知らせ〉

ページトップ