命を守る座席選択

専門家が車で安全な席と即答するのは「運転席の真後ろ」

2016年03月05日(土) 11時00分
〈週刊女性2016年3月15日号〉
2016年03月05日(土) 11時00分
〈週刊女性2016年3月15日号〉

car0305-1

 長野県軽井沢町のスキーツアーバス転落事故は、事故原因がはっきりしないまま1か月半が経過した。教訓として意識したいのは、私たちがよく利用する公共交通機関の怖さ。

 少しでも危険を回避するためには、どの席に座ればいいのか。何に気をつければいいのか。

 タクシーや介護関連施設の送迎ワゴン車に乗車中、事故に遭遇することもある。

 事業者向けに安全教育するNPO法人『交通事故予防センター』(水戸市)の久保田邦夫顧問は言う。

「タクシーの運転手が実車中、携帯電話に出るのは論外。他人の命を預かっているという意識が低すぎます。介護関連施設が送迎に使うワゴン車もよく事故を起こす。一時停止しなかったり、安全確認が不十分だったり。乗っている高齢者は少しの衝撃で大ケガをすることもあるというのに……」

 デイサービスなど介護関連施設を選ぶとき、本人も家族も施設の内容にばかり目が行きがちだ。しかし、送迎車もチェックしてほしいという。

「運転手以外の職員が同乗しない送迎車はおすすめできません。特に医療法人系の施設では、運転手がひとりで乗降介助まで担っているところが目立つ。これはかなり危険です。運転中、認知症の高齢者が窓を開けたり、運転手にちょっかいを出してくることもありますから」(久保田顧問)

 乗用車の場合、いちばん安全な座席はどこか。JAF(日本自動車連盟)の情報誌『JAF Mate』の鳥塚俊洋編集長「運転席の真後ろです」と即答する。

「ただし、車内2列のセダンタイプの場合で、シートベルト着用時という前提条件がつきます。前列はすぐ前がフロントガラスなので、ダッシュボードに身体を打ちつけるかもしれない。後列は前列のシートに守られるかたちになります。事故が迫ったとき、運転手はとっさに自分の身を守る傾向があるため、助手席の後ろよりは運転手の後ろのほうが安全といえます」

関連記事

男性
インタビューで語...

萩原流行「死んでもかまわない」

2015年04月28日(火) 06時00分
〈週刊女性5月12・19日号〉
男性
うつ病による過失...

萩原流行事故で警察カルテ要求

2015年05月26日(火) 06時00分
〈週刊女性6月9日号〉
男性
妻が胸中告白

萩原流行さん事故報道の裏

2015年05月26日(火) 11時00分
〈週刊女性6月9日号〉
事件
勤務実態に迫る

バス業界高齢化 平均年齢48....

2016年01月26日(火) 05時00分
〈週刊女性2016年2月9日号〉
皇室
美智子さまへの秘...

天皇陛下、免許更新のワケ

2016年01月20日(水) 16時00分
〈週刊女性2月2日号〉
皇室
高齢者講習を受け...

天皇陛下の運転、その速度は?

2016年01月20日(水) 11時00分
〈週刊女性2月2日号〉

オススメ記事

男性
高須クリニック・...

高須院長 中島裕翔熱愛「必然」

2016年05月27日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
Twitterや...

フィフィ指摘ファンとの距離感

2016年05月25日(水) 17時40分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
バレーボール・タ...

フィフィ言及スポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ