猫人形作家の佐藤法雪さん

リアルすぎる猫人形で話題 「作るのは無理」と言われた

2015年12月14日(月) 16時00分
〈週刊女性12月22日号〉
2015年12月14日(月) 16時00分
〈週刊女性12月22日号〉

neko12145

 人形と言われなければ、本物にしか見えない猫。製作したのは、猫人形作家の佐藤法雪さん。

「以前、母親にリアルな犬のぬいぐるみを購入しプレゼントしたところ、すごく喜んでくれたんです。そこで次は猫を……と探したけどなかったんですよ。じゃあ、自分で作るしかないな、と思って」

 もともと物作りが好きだったという彼。

「リアルな猫のぬいぐるみは作るのは無理だよ、と周りから言われたんですけど、人生かけてやればいつかできるんじゃないかな、と(笑い)。初めは粘土彫刻で始めたんです。その時から、どうすれば毛並みを表現できるかと考えていまして。植毛の方法を試しているときにフェルトを使った、フィルティング・ニードル(※)に出会ったんです」

 試行錯誤の中、たどり着いたのが粘土のかわりに手芸綿を使う方法。

「針金で骨格を作り、綿で肉づけして羊毛を絡めて毛並みを表現するのが私のやり方です」

 読者が自分で作るには?

「本当にリアルな猫を作ろうとしたら、2年くらいは勉強しないとできませんが、作ること自体はそんなに難しくはありません。製作の時間も1か月くらいでできますし、材料費も綿とフェルトと針金くらいなので、1000~2000円くらい。最近は飼っている猫とそっくりの猫人形を作りたいという方も増えているので、興味のある方は気軽に始められます」

※針の表面にとげのついた、特殊な形状をした針で、ふわふわの羊毛をチクチクと刺して小さい塊(フェルト化)にするもの。

撮影/佐藤靖彦

関連記事

ニッポン
幸せつかんだ猫た...

猫シェルターへ行く夫婦の思い

2015年11月23日(月) 16時00分
〈週刊女性12月1日号〉
ニッポン
ライター・姫野ケ...

取材キッカケで猫を引き取る

2015年11月21日(土) 16時00分
〈週刊女性12月1日号〉
ニッポン
NPO法人・東京...

殺処分直前の猫を引き取るNPO

2015年11月21日(土) 05時00分
〈週刊女性12月1日号〉
ニッポン
ねこねこ110番...

指輪を売り「猫を頼みます」

2015年11月21日(土) 16時00分
〈週刊女性12月1日号〉
ニッポン
高齢者とペットの...

高齢者飼い主がするべき備え

2015年11月23日(月) 05時00分
〈週刊女性12月1日号〉
映画
映画『犬に名前を...

飼い主が殺処分する驚きの理由

2015年11月10日(火) 05時00分
〈週刊女性11月17日号〉

オススメ記事

男性
高須クリニック・...

高須院長 中島裕翔熱愛「必然」

2016年05月27日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
Twitterや...

フィフィ指摘ファンとの距離感

2016年05月25日(水) 17時40分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
バレーボール・タ...

フィフィ言及スポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ