保田小学校

元小学校の道の駅 特産品を使ったおふくろの味や宿泊所も

2016年02月20日(土) 11時00分
〈週刊女性2016年3月1日号〉
2016年02月20日(土) 11時00分
〈週刊女性2016年3月1日号〉

20160301_michinoeki

 昨年12月11日にオープンした千葉県安房郡鋸南町の『道の駅保田小学校』。その名のとおり、ここはもともと正真正銘の小学校。

 創立から126年、小学校としての役目を終えた鋸南町保田小学校が、その長い歴史に幕を閉じ、道の駅となって新たに“開校”した。

 体育館は地元の新鮮な野菜やお土産を取りそろえた直売所、教室は宿泊施設やレストラン、音楽室はイベントなど多目的に利用できるスペースにリノベーション。教室のイスや机、黒板や平均台、靴箱など、ところどころに散りばめられた“懐かしアイテム”には郷愁をかき立てられる。

「友達にすすめられて来ました。なんだか懐かしくて、ワクワクします」(来場者)

 小学校の雰囲気をあえて残したユニークなつくりが話題を呼び、県内外から多くの人が訪れている。

 現在、少子化による児童生徒数の減少や市町村合併の影響により、多くの学校が廃校になっている。調査によると、公立学校の廃校発生数は平成25年度には1年間で約482校。

 ここ鋸南町も年々、人口減少にあり、少子化ということもあって保田小学校は2014年に同じ町内の勝山小学校と統合した。生徒たちは旧勝山小の校舎へ通うこととなり、保田小は交流拠点として新たに活用されることに。

「鋸南町の新たな魅力を全国にアピールしていきたい」と話すのは“校長先生”こと施設駅長の大塚克也さん。インターチェンジからすぐそばというアクセスのよさを生かし、県内はもちろん、県外から来訪する人たちも温かくもてなす。

「直売所には毎日、地元の農家から農産物が届けられます。食事処では特産品を使った“おふくろの味”が楽しめ、中には地元でも有名な銘店も! また、ここには宿泊所も。夕日のキレイさや星の近さ、朝焼けの美しさなど泊まってみないとわからない魅力もたくさん。ぜひ、宿泊してその魅力を実感してもらいたいです」

撮影/吉岡竜紀

関連記事

ブーム
ドキドキの至近距...

“イケメントンネル”が人気

2016年05月28日(土) 11時00分
〈週刊女性2016年6月7日号〉
ブーム
触れ合えるのが魅...

イケメンと放課後過ごせる場所

2016年05月28日(土) 05時00分
〈週刊女性2016年6月7日号〉
ブーム
エロメン業界の第...

一徹、五郎丸人気過熱に共感

2016年05月23日(月) 11時00分
〈週刊女性2016年5月31日号〉
ブーム
ヤマハ発動機を退...

五郎丸「日本が欲していた」

2016年05月23日(月) 05時00分
〈週刊女性2016年5月31日号〉
ブーム
『真田丸』で、い...

真田家を献身的に支える女たち

2016年05月15日(日) 16時00分
〈週刊女性2016年5月24日号〉
ブーム
『真田丸』で、い...

信玄のリベンジ果たした名勝負

2016年05月15日(日) 11時00分
〈週刊女性2016年5月24日号〉

オススメ記事

文化人
Twitterや...

フィフィ指摘ファンとの距離感

2016年05月25日(水) 17時40分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
バレーボール・タ...

フィフィ言及スポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
災害
高須クリニック・...

高須院長が語る被災地支援方法

2016年04月29日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ