スタッフが語る裏話

『お義父さんと呼ばせて』はオリジナリティーにこだわる

2016年01月26日(火) 16時00分
〈週刊女性2016年2月9日号〉
2016年01月26日(火) 16時00分
〈週刊女性2016年2月9日号〉

s-otousan0126

 遠藤憲一と渡部篤郎のアラフィフ俳優がW主演する話題のホームドラマ『お義父さんと呼ばせて』(フジテレビ系・火曜・夜10時~)。

「先日、“愛してる”というセリフを言いました。30数年役者をやってきて、こんなセリフを言ったのは初めてじゃないかな。若いころから“ぶっ殺す”とかばっかりだったので(笑い)、“愛してる”は、とても新鮮でした」

 満面の笑みでこう話すのは遠藤憲一。遠藤が演じる大道寺保は、51歳のサラリーマン。仕事一筋で生きてきた保が恋に落ち、結婚を決意したのは28歳年下の花澤美蘭(蓮佛美沙子)。

 しかし、美蘭の父の紀一郎(渡部)は、保と同い年。年は同じでも立場、生き方、価値観が正反対の2人は、「結婚したい男」「結婚させたくない男」として、大人げなくも壮絶なバトルを繰り広げていく。

「本作の制作にあたってこだわったのは、オリジナリティーです。世の中の流行を追うのではなく、自分の見たいドラマを作る、ということでした」(関西テレビの・安藤和久プロデューサー)

 主人公はアラフィフで、娘が連れてきた彼氏が自分と同い年だったら……と考えていくうちに、構想が固まった。

「そして、以前からご一緒したいと思っていた遠藤さんと渡部さんが出演を快諾してくださり、実現することができました」(安藤プロデューサー)

 『医龍』シリーズ、『BOSS』シリーズを手がけた林宏司脚本はテンポがよく、サプライズもいっぱい。

「いちばんの見どころは、毎回登場する、カレの保とカノジョの父・紀一郎の対決です。台本自体が面白いのですが、10数年来の共演経験のある遠藤さん、渡部さんが想像以上の演技で表現してくれました」(安藤プロデューサー)

 撮影中は、同じ演技を何度見ても飽きず、その面白さにカメラマンも笑ってしまうことがあるという。

「キャストの方も笑いをこらえてお芝居していると思いますよ。ギャグをやっているわけではないのですが、会話の間や言い回し、表情が絶妙なんです。セリフを言っている人だけでなく、受け手のリアクションにもご注目ください」(安藤プロデューサー)

 保と美蘭の年の差カップルも大きな見どころ。

「みなさんに応援していただける2人でありたいと、遠藤さん、蓮佛さんは細かいやりとりをして演技に臨んでくださいます」(安藤プロデューサー)

 娘の決めた人を認めない夫と娘の間で、美蘭の母・静香(和久井映見)はどう動くか。

「初回で紀一郎にノックアウトされて帰っていった保ですが、第2話では思わぬ反撃に出ます。美蘭や静香、立場の近い登場人物に共感していただき、男2人のバトルをお楽しみください。娘のカレにまつわるテーマは日常ありうる話かと思います。ぜひ、この先の展開にご期待ください!」(安藤プロデューサー)

関連記事

男性
多い時はドラマ3...

強面俳優・遠藤憲一人気の理由

2015年11月13日(金) 16時00分
〈週刊女性PRIME〉
男性
過去に職質経験ア...

遠藤憲一、職質過去にドキドキ

2015年07月24日(金) 05時00分
〈週刊女性8月4日号〉
男性
『真田丸』で主演

堺 三谷からのリクエストなし

2016年01月10日(日) 11時00分
〈週刊女性1月19日号〉
女性
放送日は未定

『ドクターX』SP復活の裏事情

2016年01月22日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
ドラマ裏話
今作で213作目

有村&窪田も 昼ドラ出演有名人

2015年12月18日(金) 11時00分
〈週刊女性1月1日号〉
ドラマ裏話
今井舞ぶった斬り

夏ドラマのベストは『民王』

2015年08月17日(月) 16時00分
〈週刊女性8月18・25日号〉

オススメ記事

お笑い芸人
8月12日発売、...

キンコン西野がビジネス書を出版

2016年06月24日(金) 16時00分
〈文/西野亮廣【連載第1回】〉
インフォメーション
9月から大阪&a...

「おそ松さん」舞台化に密着

2016年06月23日(木) 18時00分
〈「週刊女性」本誌よりお知らせ〉
文化人
直撃インタビュー

フィフィ、ファンキー謝罪を斬る

2016年06月10日(金) 11時00分
〈週刊女性PRIME〉
女性
高須クリニック・...

高須院長、矢口は「悪くない」

2016年06月10日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ