竹下健人に聞いた

弥七が語る『あさが来た』加野銀行の上司たちの素顔とは?

2016年03月02日(水) 05時00分
〈週刊女性2016年3月15日号〉
2016年03月02日(水) 05時00分
〈週刊女性2016年3月15日号〉

s-kanobank0302

 フィナーレまであと1か月。ますます盛り上がりを見せる朝ドラ『あさが来た』。

 あさ(波瑠)をはじめとして魅力たっぷりなキャラクターが働いている加野銀行。そんな面々を加野屋の時代から手代として見てきた弥七(竹下健人)に、その素顔を明かしてもらった。

 ヒロインのあさは?

「あささんはどう思っているかわからないですけど、僕は“仲のいい友達”という感覚です。もちろん、すごく尊敬もしているし、憧れの対象でもありますが、すごく接しやすいところが魅力ですね。

 上司としては、みんなから“何言うとんのや”と言われても銀行という商いをやりたい、という気持ちで進んでいく姿には驚かされましたし、弥七自身も商いが好きなので、あささんと一緒に働くことで彼女のことが、より一層好きになりましたね」

 加野屋の8代目の当主となり、銀行の頭取としてあさとともに商いを切り盛りしている榮三郎(桐山照史)は?

「それこそ小さいときから榮三郎さんを見ているので、その成長をいちばん見ているのが弥七じゃないですか。設定では僕のほうが年上なので、最初はお兄ちゃん気分でしたけど、榮三郎さんは雁助(山内圭哉)さんから商いのことをつきっきりで教わって、その才能を発揮していくわけですよ。

 銀行の頭取になって、僕からしてみれば“大人になったんやな”と。自分がお兄ちゃんだったのにいつの間にか抜かされた気分で(笑い)。でも、商いというステージでは対等と言ったらおかしいけど、ちゃんと向き合えている気はします」

 最後に、加野屋時代には番頭として弥七の上で働いていた亀助(三宅弘城)は?

「亀助さんは、弥七にとってすごくいじりやすい存在(笑い)。自分がいじられても、うれしいですしね。亀助さんと雁助さん、ふたりの番頭さんが加野屋にいなければ弥七は銀行で働いていなかったと思いますよ。

 それくらい大切な存在です。亀助さんにかまってほしいという願望が強いんでしょうね。炭鉱に行ってしまったときは本当に寂しかったですし。亀助さんは立場上ではもちろん上司ですけど、兄貴分というか、接しやすいお兄ちゃん的存在です」

関連記事

ドラマ裏話
ドラマ裏話

玉木宏、実は猫アレルギー

2015年12月13日(日) 05時00分
〈週刊女性12月22日号〉
ドラマ裏話
ドラマ裏話

波瑠 オーディションはジーパン

2015年12月12日(土) 05時00分
〈週刊女性12月22日号〉
男性
素顔に迫る

ディーン 大阪人の行動に驚く

2015年11月28日(土) 05時00分
〈週刊女性12月8日号〉
女性
舞台は朝ドラ史上...

評論家も絶賛する波瑠の魅力

2015年09月27日(日) 11時00分
〈週刊女性PRIME〉
男性
新次郎役で“お気...

玉木宏、遂に理想のダンナに?

2015年11月06日(金) 05時00分
〈週刊女性11月17日号〉
男性
あさのおじいちゃ...

林与一 モテ男ぶりを告白

2015年11月21日(土) 11時00分
〈週刊女性12月1日号〉

オススメ記事

お笑い芸人
8月12日発売、...

キンコン西野がビジネス書を出版

2016年06月24日(金) 16時00分
〈文/西野亮廣【連載第1回】〉
ファミリー
高須クリニック・...

高須院長、海老蔵の会見を絶賛

2016年06月24日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
インフォメーション
9月から大阪&a...

「おそ松さん」舞台化に密着

2016年06月23日(木) 18時00分
〈「週刊女性」本誌よりお知らせ〉
文化人
直撃インタビュー

フィフィ、ファンキー謝罪を斬る

2016年06月10日(金) 11時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ