スタッフが語る裏話

ドラマ『黒い樹海』、真意の読めない“黒い向井理”が炸裂

2016年03月12日(土) 16時00分
〈週刊女性2016年3月22日号〉
2016年03月12日(土) 16時00分
〈週刊女性2016年3月22日号〉

s-20160322_sittere_1

 松本清張二夜連続ドラマスペシャル第二夜『黒い樹海』(テレビ朝日系・3月13日・日曜夜9時~)。

 第2夜の『黒い樹海』のヒロイン・笠原祥子役の北川景子は、初めての清張作品だが、2作品をこう分析する。

「『地方紙を買う女』は、おそらく誰もがうなずく“ザ・松本清張”! 対する『黒い樹海』は全体的に役者も若いですし、いい意味でイメージが多少変わる“新しい松本清張”かな」

 内山聖子ゼネラルプロデューサーは、両作品に共通するのは“旅情”という。

「まず『地方紙を買う女』の撮影を始めたんです。雄々しい能登の日本海や断崖絶壁など、旅情感あふれる作品の予感がしたので、まったくタッチの違うもう1作をと思い、『黒い樹海』の制作を決めました。こちらは原作とは違いますが、北アルプスを望む真っ白な雪景色の美しい映像が撮れました」

 『黒い樹海』は、長野県を中心に展開。姉の事故死に疑念を抱いた祥子(北川景子)は、魑魅魍魎のような“容疑者たち”が次々と不審死を遂げ、恐怖に包まれる。それでも、ひたすら姉の死の真相を求め、孤独な調査を進めていく。

 『黒い樹海』は、北川をはじめ、昨年、同局の連続ドラマに初主演した向井理、沢村一樹らをキャスティングした。

「真意の読めない“黒い向井君”が炸裂しますし、沢村さんは『ドクターズ』とはまるで違った謎の医師を好演してくれました。ほかにも容疑者と目される登場人物は、みんな仮面をかぶった役なので、難しいお芝居をこなしてくれる方にお願いしました」((内山聖子ゼネラルプロデューサー)

 そしてこう続ける。

「『地方紙を買う女』は、男性主役と女性2人、『黒い樹海』は、女性主役と男性2人という組み合わせの主要キャストになったのは、偶然の産物です(笑い)。世代を代表する2大俳優の魅力が詰まったドラマを、2夜連続で楽しんでいただければと思います」

関連記事

女性
屈強なる女優魂

北川景子のストイック役作り

2015年08月13日(木) 16時00分
〈週刊女性8月18・25日号〉
ドラマ裏話
新境地開拓

沢村一樹の妻 天海の大ファン

2015年11月12日(木) 11時00分
〈週刊女性11月24日号〉
男性
デビューして10...

向井理が語る「永遠の0」

2015年02月11日(水) 16時00分
〈週刊女性2月24日号〉
カップル
年末入籍から早く...

向井理がパパになるまで

2015年04月21日(火) 06時00分
〈週刊女性5月5日号〉
アーティスト
熱烈オファー

DAIGO 結婚後出馬の噂

2015年10月21日(水) 16時00分
〈週刊女性11月3日号〉
人物
女性600人にア...

女性に好かれる女優の秘密

2015年07月24日(金) 18時00分
〈週刊女性8月4日号〉

オススメ記事

お笑い芸人
8月12日発売、...

キンコン西野がビジネス書を出版

2016年06月24日(金) 16時00分
〈文/西野亮廣【連載第1回】〉
インフォメーション
9月から大阪&a...

「おそ松さん」舞台化に密着

2016年06月23日(木) 18時00分
〈「週刊女性」本誌よりお知らせ〉
文化人
直撃インタビュー

フィフィ、ファンキー謝罪を斬る

2016年06月10日(金) 11時00分
〈週刊女性PRIME〉
女性
高須クリニック・...

高須院長、矢口は「悪くない」

2016年06月10日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ