生物多様性を考えるイベント開催中

障害を持ちながら、独特の色彩感覚で動物を描く画家AKI

2016年01月18日(月) 11時00分
〈週刊女性1月26日号〉
2016年01月18日(月) 11時00分
〈週刊女性1月26日号〉

aki0118

 知的障害を持ちながら、独特の色彩感覚で次々と動物を描いていく画家のAKI(28)。

「AKIはテレビが好きで、よく自然や動物のドキュメンタリーを見ているんです。いくら見ても飽きないみたいで、ず~っと見ていることも(笑い)」

 AKIについて、親子二人三脚で息子の画家への道を歩んできた父親の木下昭さんはそう話す。

「実は、AKIが描く動物の中には“絶滅危惧種”も多いんですよ。ゾウ、キリン、サイをはじめ『富士山』の中にも、絶滅の危機にさらされている動物たちがたくさん隠れているんです」(昭さん)

 ライブペイント中のAKIにも話を聞いてみた。

「今、制作中の絵は“夢のお告げ”なんです。弱肉強食の異世界を描いていて、最初は人間なんて存在しないと思っていたんです。でも、だんだんビルや信号が見えてきて」

 ちなみに、その絵に描かれた大きな角を持つ動物は“エラスモテリウム”という絶滅した昔のサイの一種だそう。AKIの絵は、私たち人間が動物と共存していることを自然に訴えかけているようだ。

 そんな“生物多様性”について、東京・京橋ではイベントが開催中。期間中はAKIによる地球上の生き物をテーマにした絵画展や、親子向けライブペイントも。この機会に、いつもとは違った観点から、環境問題を考えてみては?

生物多様性を考える ~『ひと・いきもの・しぜん』が共存するために~
日時:~1月24日(日)9~21時(最終日は~15時)開催場所:中央区立環境情報センター(電話03-6225-2433)

関連記事

女性
芸能人の神対応エ...

菊池桃子が与えた勇気と希望

2016年01月11日(月) 05時00分
〈週刊女性1月19日号〉
女性
障がいをもって生...

奥山佳恵“〇〇しない子育て”

2015年04月02日(木) 16時00分
〈週刊女性4月14日号〉
アーティスト
赤裸々インタビュ...

武田双雲、妻と二人で泣いた

2015年03月06日(金) 06時00分
〈週刊女性PRIME〉
ファミリー
妻・安田成美がプ...

木梨憲武、個展大盛況も気になる...

2014年06月03日(火) 00時00分
〈週刊女性〉
アーティスト
3月29日、世田...

小沢健二、突如ライブ開催の訳

2015年04月08日(水) 06時00分
〈週刊女性4月21日号〉
アーティスト
岡崎京子展でサプ...

小沢健二ライブにスチャダラも

2015年04月08日(水) 06時00分
〈週刊女性4月21日号〉

オススメ記事

文化人
Twitterや...

フィフィ指摘ファンとの距離感

2016年05月25日(水) 17時40分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
バレーボール・タ...

フィフィ言及スポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
災害
高須クリニック・...

高須院長が語る被災地支援方法

2016年04月29日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ