1兆5000億円のマーケット

外国人旅行客の増加のメリット「地域のためにもなる」

2016年03月04日(金) 05時00分
〈週刊女性2016年3月15日号〉
2016年03月04日(金) 05時00分
〈週刊女性2016年3月15日号〉

bakugai0304-1

 街の声を聞くと、「マナーがよくない」「どうせすぐに来なくなるに決まっている」などという否定的な声も聞こえてくる、爆買い外国人旅行客。しかし、1兆5000億円のマーケットが生み出された現実は無視できない。

「外国人が周囲に増えるだけでクレームが出てきたりしますが、単なる経済効果だけでなく、地域のためにもなる。ある中部地方の大型ショッピングモールは、最初はテナントが埋まらず苦労しました。

 ところが、そこはたまたま国際空港に近い場所にあったために、インバウンドのお客さんが立ち寄り、ものすごく集客できた。すると、以前ためらっていたテナントも出店するようになった。

 本来なら都会にしかないようなお店ですよ。このように、地方にいながら憧れのブランドが買えるメリットも生まれるんです」(一般社団法人『ジャパンショッピングツーリズム協会』事業推進部の佐藤暢威さん)

 1兆5000億円という金額は、日本最大手の流通企業『イオン・グループ』や『セブン&アイ・ホールディングス』に匹敵する巨大なマーケットである。

「4600億円だったものが、3倍以上に広がるようなダイナミックなマーケットなどそうそうありません。それも外からやってきたマーケットですからね。

 だから、東京オリンピックに向けて、このマーケットをみんなでもっと大きくできるかが大切な課題なんです。国外からいいお客さんにたくさん来てもらって、3兆円まで目指していきたいですね」(佐藤さん)

 しかし、そのためには問題も山積み。例えばフリーのWi-Fiがなく、スマホやタブレットが使えないことも少なくないらしい。

 それから、中国では一般的な『銀聯(ぎんれん)カード』、電子マネーの『アリペイ』を使える店がまだ少ないことなどだ。さらに深刻なのは、言語の問題。トラブル発生の原因のほとんどはここにあるだろう。

 中国事情や“爆買い”に詳しいジャーナリストの中島恵さんが、銀座の老舗眼鏡店のケースを話してくれた。

「その店は、中国の富裕層のお客さんがやって来て、1つ50万円もする眼鏡をよく買っていくんです。ここはタブレットを使った“多言語通訳サービス”を取り入れたんですね。画面を通して通訳とやりとりすれば細かい注文にも対応できる。これで、より多くのお客様を呼べるようになったんです」

関連記事

ニッポン
多くは高齢者

買い物難民が600万人

2016年01月21日(木) 05時00分
〈週刊女性2016年2月2日号〉
ニッポン
販売額は年15億...

買い物難民を救う移動スーパー

2016年01月21日(木) 11時00分
〈週刊女性2016年2月2日号〉
ニッポン
'18...

ドローン宅配 山岳部などで需要

2016年01月21日(木) 16時00分
〈週刊女性2016年2月2日号〉
ニッポン
JIM-NET事...

中東地域から日本の評価高い訳

2016年02月13日(土) 16時00分
〈週刊女性2016年2月23日号〉
家事・節約
高齢者向けサービ...

イオン 専用タブレット貸し出し

2016年01月22日(金) 11時00分
〈週刊女性2016年2月2日号〉
ニッポン
大筋合意の陰に隠...

TPP「物価が下がる保証無し」

2016年01月15日(金) 11時00分
〈週刊女性1月26日号〉

オススメ記事

インフォメーション
アンケート募集

美意識が高いアラフォー女優は?

2016年06月27日(月) 06時00分
〈週刊女性PRIME〉
お笑い芸人
8月12日発売、...

キンコン西野がビジネス書を出版

2016年06月24日(金) 16時00分
〈文/西野亮廣【連載第1回】〉
ファミリー
高須クリニック・...

高須院長、海老蔵の会見を絶賛

2016年06月24日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
インフォメーション
9月から大阪&a...

「おそ松さん」舞台化に密着

2016年06月23日(木) 18時00分
〈「週刊女性」本誌よりお知らせ〉

ページトップ