大型観光バス問題が深刻

都心での路上駐車による苦情も対策なし “爆バス”問題

2016年03月06日(日) 11時00分
〈週刊女性2016年3月15日号〉
2016年03月06日(日) 11時00分
〈週刊女性2016年3月15日号〉

kankobus0303-1

 2015年の訪日外国人観光客数は1973万7000人と過去最高を記録。小売店をはじめ、観光バス業界、ホテル業界などがうれしい悲鳴をあげる一方、「うるさい」「マナーが悪い」など困惑の声も……。

 爆買いを楽しむ中国人の姿も見慣れたものになってきたけれど、2020年東京五輪に向けて、まだまだ増え続ける外国人観光客と私たちはどう向き合っていけばいいのだろうか。笑顔で“おもてなし”をするために知っておきたい日本の“宿題”とは?

 日本の鉄道に不慣れな外国人観光客の“足”といえば観光バス。爆買いツアーの需要から、車両は増産体制に入っている。『三菱ふそう』広報部に話を聞いてみた。

「大型観光バスの販売実績は、'14年の約670台に対して、'15年は約810台と前年比120%になっています。大型バス全体(観光・路線含む)では、'14年に約1150台だったのが'15年は約1450台に。前年に比べ300台増えている状況です」

 いまや爆買いのメッカとなった銀座では、中国人などのアジア系観光客を乗せたバスがひっきりなしに行き交う。巨大免税店『ラオックス』前で、団体客を次々に乗降させている一方、三越前では“バスの駐停車はご遠慮ください”と書かれた札を持つ従業員が見張りをしている……。

 観光客らが買い物をしている間、バスはドアを開けたままハザードランプを点滅させて停車。運転手は運転席で所在なさげに待っている。

 この“爆バス”状態で、はたして運転手は足りているのだろうか。交通政策に詳しい早稲田大学の戸崎肇教授はこう解説する。

「運転手不足は外国人観光客が急増する以前から問題になっていました。発端は2000年の貸し切りバス事業の規制緩和です。これにより新規事業者の参入が相次ぎ、過当競争が激化。労働環境は途端に厳しくなりました。旅行会社がバス事業者に対して大幅なダンピングを要求するケースも蔓延し、安全を担保することができなくなりました」

関連記事

事件
鉄道評論家に聞い...

鉄道、各車両の真ん中が安全

2016年03月04日(金) 11時00分
〈週刊女性2016年3月15日号〉
事件
長野ツアーバス事...

観光バスは通路側が安全

2016年03月03日(木) 11時00分
〈週刊女性2016年3月15日号〉
事件
4人のゼミ生が犠...

尾木ママ、バス事故に怒り

2016年01月27日(水) 11時00分
〈週刊女性2016年2月9日号〉
事件
バス運転手事情

バス運転手「明日はわが身」

2016年01月26日(火) 11時00分
〈週刊女性2016年2月9日号〉
事件
勤務実態に迫る

バス業界高齢化 平均年齢48....

2016年01月26日(火) 05時00分
〈週刊女性2016年2月9日号〉
美容・健康
美容家・神崎恵さ...

美肌の近道 窓際を避ける

2016年01月10日(日) 11時00分
〈週刊女性1月19日号〉

オススメ記事

お笑い芸人
8月12日発売、...

キンコン西野がビジネス書を出版

2016年06月24日(金) 16時00分
〈文/西野亮廣【連載第1回】〉
インフォメーション
9月から大阪&a...

「おそ松さん」舞台化に密着

2016年06月23日(木) 18時00分
〈「週刊女性」本誌よりお知らせ〉
文化人
直撃インタビュー

フィフィ、ファンキー謝罪を斬る

2016年06月10日(金) 11時00分
〈週刊女性PRIME〉
女性
高須クリニック・...

高須院長、矢口は「悪くない」

2016年06月10日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ