石崎芳行氏が代表に就任

東電福島復興本社代表「嘘つきと言われてもしかたがない」

2016年01月08日(金) 05時00分
〈週刊女性1月19日号〉
2016年01月08日(金) 05時00分
〈週刊女性1月19日号〉

ishizaki0108

 東日本大震災に伴う東京電力福島第一原発(以下・1F)の事故から4年9か月。東電は「福島への責任を果たす」として、’13 年1月に福島復興本社(楢葉町)を設置。福島第二原発(以下、2F)の元所長・石崎芳行氏(62)が代表に就任した。

 福島復興本社は賠償と除染、復興に向けた活動を推進する役割だ。このうち復興推進は大きく分けて2つあるという。

「ひとつは“汗かき活動”です。一時帰宅した方々の家屋の片づけや草刈り、お墓の掃除、雪かきを手伝います。社員には制服を着用させています。社内では“作業中に制服を着ると何をされるかわからない”と反対があったが、責めを受けるのは当然です。

 もうひとつは雇用の創出。広野火力発電所(広野町)と、東北電力などと共同出資している勿来発電所(いわき市)に世界最新鋭の石炭火力発電所を作ります。2000人が雇用でき、税収も増えます」

 さらに、19社で作る応援企業ネットワークを組織する。19社の社員とその家族が福島県産品を買ったり、家族で県内を旅行するなどして、口コミでよさを伝えていく。そもそも石崎代表は、原発事故の責任をどう考えているのだろうか。

「旧経営陣が刑事告訴されたが、裁判は見守るしかない。ひと言でいえば、事故への備えが十分でなかった。放射性物質を拡散させ、迷惑をかけました」

 石崎代表は、社内では珍しく原発の管理に対して批判的だったが、それゆえに2Fの所長を任された。そこでまじめに働く作業員を目の当たりにして、安全性に確信を持ったという。こうした現場主義の石崎代表としても事故はショックだった。

「2Fの所長をしたとき、自分も原発は安全と思っていました。住民たちには“安全だから地震があったら構内に逃げ込んでもいい”と言っていましたから。今は、自分の意識を恥じています。

 震災後、住民から“おまえの会社の言うことは信用できない”と言われました。結果としてダマしてしまったのだから、嘘つきと言われてもしかたがない。それでも、東電として住民の信頼を取り戻したいが、並大抵のことではできません」

取材・文/渋井哲也(ジャーナリスト)

関連記事

災害
病院へ行くのもギ...

被災者の異変「見過ごされがち」

2015年03月11日(水) 11時00分
〈週刊女性3月24日号〉
災害
現在は滋賀医科大...

原発に近い病院 初女性研修医

2015年03月11日(水) 11時00分
〈週刊女性3月24日号〉
災害
急ピッチで復興進...

福島 弁当持参は「復興の妨げ」

2015年03月11日(水) 16時00分
〈週刊女性3月24日号〉
災害
「帰る場所は姥捨...

帰宅困難区域女性へバッシング

2015年03月11日(水) 16時00分
〈週刊女性3月24日号〉
ニッポン
講師陣には秋元康...

小泉進次郎が支援する県立高校

2015年04月01日(水) 11時00分
〈週刊女性4月14日号〉
災害
原発30キロ圏内...

小泉進次郎も感涙エール

2015年04月15日(水) 16時00分
〈週刊女性4月28日号〉

オススメ記事

インフォメーション
アンケート募集

美意識が高いアラフォー女優は?

2016年06月27日(月) 06時00分
〈週刊女性PRIME〉
お笑い芸人
8月12日発売、...

キンコン西野がビジネス書を出版

2016年06月24日(金) 16時00分
〈文/西野亮廣【連載第1回】〉
ファミリー
高須クリニック・...

高須院長、海老蔵の会見を絶賛

2016年06月24日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
インフォメーション
9月から大阪&a...

「おそ松さん」舞台化に密着

2016年06月23日(木) 18時00分
〈「週刊女性」本誌よりお知らせ〉

ページトップ