今夜放送

『芸能人が本気バレエ!』参加者に熊川哲也がブラボー!

2015年12月09日(水) 12時00分
〈週刊女性PRIME〉
2015年12月09日(水) 12時00分
〈週刊女性PRIME〉

s-honki1209

 バレエにスポットを当てた異色のドキュメンタリー『芸能人が本気バレエ! 密着200日…白鳥の湖を踊りたい! 世界最高峰の舞台に誰が? SP』 (TBS系) が今夜7時56分~放送される。

 世界的バレエダンサー・熊川哲也が率いる『Kバレエカンパニー』の舞台を目指し、バレエ経験のある芸能人がオーディションに挑む姿を200日もの間、追い続けたものだ。

 舞台に立つまでに半年のレッスンが必要という条件をクリアしてダンスレベルのチェックを受けたのは、18歳から47歳までの20名の芸能人。タレントの篠原ともえ、女優の有森也実、歌手の八反安未果、お天気お姉さんの真壁京子、TBSアナウンサーの出水麻衣ら。

 同局の人気番組『学校へ行こう!』『ナイナイのお見合い大作戦!』などのバラエティーを手がける江藤俊久プロデューサーが5年越しで実現させたというこの企画。

「バレエが好きな人って、損得抜きに大好きなんですよね。あのパワーはすごいなと思っていました。それで、バレエ好きの人たちのパワーをテレビの画面にしたらすごく強いんじゃないかなと思い、このような番組を作らせていただきました」

 そこでお願いしたのがKバレエカンパニー。しかし日本を代表するバレエカンパニーだけあり、バラエティーの企画だからと甘くする訳にはいかないため、かなり大変だったようだ。

「日本のバレエ界を引っ張っている、ものすごく熱い思いのあるかたなので、軽々に番組の企画なんでということで降りてはきてくださらない。“ブランクのある人を本気でKカンパニーの舞台に立たせるなら1年はいただかないと”といったところを半年の期間でスタートしたので、今回参加してくださったみなさんには、ものすごいご負担とご苦労だったと思います」(江藤プロデューサー)

 簡単に芸能人を立たせない代わりに、Kバレエカンパニー側は荒井祐子といった世界的ダンサーが講師を務めるなど、ベストな協力体制で臨んだという。

「その先生がたが熊川哲也さんに“(うちの)レベルに持っていけよ”とプレッシャーをかけられているので、指導はかなり厳しかったですね。だからKバレエブライド、Kバレエ品質と芸能人の本気度。バレエを愛する気持ちがぶつかり合った番組になっていると思います」(江藤プロデューサー)

 そして迎えた公演当日。200日にわたって本気でバレエに向き合った彼女たちに、奇跡が起きた。

「公演の後、熊川さんから“思わず、ブラボー! って言っちゃったよ”と言われて、本当にうれしかったですね。彼女たちの頑張りを、テレビ番組の都合としてやったものじゃないことを受け止めてくれてよかったです」(江藤プロデューサー)

 最後に『週刊女性』読者世代にこんなメッセージを。

「40代、50代っていろんなことをあきらめるタイミングだと思うんです。でもそんな人たちがこの番組を見て、“まだ自分にもできることがあるんじゃないか”と思うキッカケになってくれたらうれしいですね」(江藤プロデューサー)

関連記事

女性
12月には『シカ...

湖月わたる、家に籠った理由

2015年09月12日(土) 05時00分
〈週刊女性9月22日号〉
テレビ
異色のドキュメン...

『芸能人が本気バレエ』の裏側

2015年12月07日(月) 11時00分
〈週刊女性12月15日号〉
男性
ドラマ『セカンド...

亀梨和也が負けを認めたダンサー

2015年02月27日(金) 16時00分
〈週刊女性3月10日号〉
女性
入っているバレエ...

黒木&君島、娘の役を奪い合い

2014年03月11日(火) 00時00分
〈週刊女性3月25日号〉
テレビ
憧れのセカンドラ...

土曜夕方の人気番組『人生の楽園...

2015年12月05日(土) 11時00分
〈週刊女性PRIME〉
女性
ブロードウェイ舞...

柚希礼音、宝塚在団中の思い出

2015年08月03日(月) 05時00分
〈週刊女性8月11日号〉

オススメ記事

男性
高須クリニック・...

高須院長 中島裕翔熱愛「必然」

2016年05月27日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
Twitterや...

フィフィ指摘ファンとの距離感

2016年05月25日(水) 17時40分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
バレーボール・タ...

フィフィ言及スポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ