DVDも大人気

『クレイジージャーニー』から学ぶ「無駄が気づきになる」大切さ

2016年02月13日(土) 16時00分
〈週刊女性PRIME〉
2016年02月13日(土) 16時00分
〈週刊女性PRIME〉

201602_crazyjourney

『クレイジージャーニー』の魅力の一つが、ジャーニーたちと軽妙なトークを交わすMC陣。とりわけ、ダウンタウン・松本人志さんのコメントは番組を盛り上げるうえで欠かせない。その点について、同番組で演出を担当する横井雄一郎氏にお話を伺ってみると――。

「松本さんは好奇心旺盛な方なので、この番組で扱う題材に興味を持っていただけるんじゃないかなと思っていました。結果は見ての通りです。細かい部分も拾っていただけるので、番組に登場するジャーニーがいかにクレイジーな情熱を持っているか、視聴者により伝わる手助けにもなっています。松本さんがジャーニーに対して、“アナタ、変わってますよ!”と言っている姿を見ると、僕らとしても“してやったり”です。あの松本さんが“変わり者”って呼びたくなるくらいですから、どれくらいクレイジーなのか分かりますよね」(横井氏、以下同)

 また、松本さん、設楽さん、小池さんの鋭いツッコミがあることで、「無駄が無駄にならない」と横井氏は付け加える。

「番組にも登場していただいた、“グレートジャーニー”でおなじみの関野吉晴さんが、“無駄が気づきになる”と仰っています。無駄だと思っていたものに発見がある。それって旅の本質だと思うんです。この番組では交渉風景や道を歩いているだけのシーンなど、普通の旅番組であれば使わないようなカットを意図的に入れるようにしているため、僕はディレクターが撮影した素材をすべて見るようにしています。一見必要のないシーンに見えても、それがジャーニーたちの情熱や感性を表すうえで大切だったり、その国をとてもよく表すものだったりする。必ずMC陣がつっこんでくれるという安心感もありますからね」

 もう一つ、同番組における演出面で心がけていることがあるという。

「企画ありきでタレントさんが現地に行かされたり、やらされたりする番組ではないため、リアクションは求めていません。それに、その土地で普通に暮らしている人が普通に行うことに対して、“(そんなことは)できない”とか“無理”と反応するのは失礼でもあるわけじゃないですか。ジャーニーの皆さんが、当たり前のようにその地域や文化に溶け込み、郷に入る、その姿こそ、この番組の独自性。そこから、新たな何かが見えてくると思う」

 最近では“若者の旅離れ”などと言われて久しいが、この番組のメイン視聴者層は20~30代。番組やDVDを見た若い世代に向けて、海外旅行をするうえでアドバイスがあるとしたらどんなことだろうか?

「この番組に登場する方々の視点は、絶景を見るといった単純なものではなくて、その地域の成り立ちや文化、そこに紐づくストーリーを立体的に見ようとしています。他局ではありますが、『ブラタモリ』のような普通の町をさまざまな角度から考察する感覚といいますか。僕自身、『ブラタモリ』の一ファンなんですけどね(笑い)。ですから、先ほどの「無駄が気づきになる」ではないですが、無駄が楽しめたらより良い旅になるんじゃないかなと。ゴールに到るまでの工程、すべてに意味がある。そのきっかけとして、少しでもこの番組が役に立ってくれたらうれしいです」

取材・文/我妻弘崇

◆「アラスカに取り憑かれた男」(放送日::2015年5月28日) 1年の大半をアラスカの大地で過ごし、写真を撮り続ける「アラスカ写真家・松本紀生」が登場。手つかずの大自然にたった一人で入り込み、そこで約50日間、夏はテントで冬はかまくらを作って生活する。そこには、一朝一夕では見ることのできない、「ド迫力のオーロラ」や「動物たちの未知なる姿」が! さらに、その特異な環境だからこその独特すぎるアラスカライフを語る。

◆「アラスカに取り憑かれた男」(放送日::2015年5月28日)
1年の大半をアラスカの大地で過ごし、写真を撮り続ける「アラスカ写真家・松本紀生」が登場。手つかずの大自然にたった一人で入り込み、そこで約50日間、夏はテントで冬はかまくらを作って生活する。そこには、一朝一夕では見ることのできない、「ド迫力のオーロラ」や「動物たちの未知なる姿」が! さらに、その特異な環境だからこその独特すぎるアラスカライフを語る。

◆「マサイ戦士の妻」(放送日::2015年6月25日) アフリカ・ケニアを代表する民族「マサイ族」の戦士に、第二夫人として嫁いだ日本人女性「マサイ戦士の妻・永松真紀」が登場! 並みの国際結婚とは全く違った、文化の違いを激白! 「携帯電話の不思議な使い方」「結婚初夜の驚きの風習」「今なお続く割礼の儀式」……そして、あまり語られることのない「夜の夫婦の営み」まで、結婚したから分かったこと尽くし! 文化の違いの決定版とも言える内容。

◆「マサイ戦士の妻」(放送日::2015年6月25日)
アフリカ・ケニアを代表する民族「マサイ族」の戦士に、第二夫人として嫁いだ日本人女性「マサイ戦士の妻・永松真紀」が登場! 並みの国際結婚とは全く違った、文化の違いを激白! 「携帯電話の不思議な使い方」「結婚初夜の驚きの風習」「今なお続く割礼の儀式」……そして、あまり語られることのない「夜の夫婦の営み」まで、結婚したから分かったこと尽くし! 文化の違いの決定版とも言える内容。

201602_crazyjourney_dvd

≪DVD情報≫
■DVD『クレイジージャーニー』
松本人志&設楽統&小池栄子VSクレイジージャーニー。
独自の目線や強いこだわりを持って世界や日本を巡る「クレイジージャーニー」が常人離れした体験を語る!
DVDでは、放送できなかったVTR・スタジオトークともに未公開映像も収録!
DVD2枚組で破格の2,970円(税込) クレイジープライス!

関連記事

テレビ
DVDも大人気

クレイジージャーニーがウケる訳

2016年02月11日(木) 16時00分
〈週刊女性PRIME〉
世界の意外なマナ...

中南米では“いいね!”NG?

2015年08月28日(金) 16時00分
〈週刊女性9月8日号〉
世界のびっくり常...

インドでは男同士で手をつなぐ

2015年08月30日(日) 16時00分
〈週刊女性9月8日号〉
テレビ
人生の奥深さに思...

”ヨルタモリ語録”がアツい!

2015年09月17日(木) 16時00分
〈週刊女性9月29日号〉
テレビ
異色バラエティー...

「しくじり」先生役は悟りの境地

2015年06月28日(日) 11時00分
〈週刊女性7月7日号〉
テレビ
“リアリティ”が...

散歩&バス旅番組ブームの背景

2015年10月14日(水) 19時00分
〈週刊女性PRIME〉

オススメ記事

インフォメーション
アンケート募集

美意識が高いアラフォー女優は?

2016年06月27日(月) 06時00分
〈週刊女性PRIME〉
お笑い芸人
8月12日発売、...

キンコン西野がビジネス書を出版

2016年06月24日(金) 16時00分
〈文/西野亮廣【連載第1回】〉
ファミリー
高須クリニック・...

高須院長、海老蔵の会見を絶賛

2016年06月24日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
インフォメーション
9月から大阪&a...

「おそ松さん」舞台化に密着

2016年06月23日(木) 18時00分
〈「週刊女性」本誌よりお知らせ〉

ページトップ