200人アンケート

記憶に残る『昼ドラ』ランキング、1位は『牡丹と薔薇』

2016年02月24日(水) 11時00分
〈週刊女性2016年3月8日号〉
2016年02月24日(水) 11時00分
〈週刊女性2016年3月8日号〉

20160308_hirudra_graf

 1964年に始まった東海テレビ制作の昼の帯ドラマが、『嵐の涙』の放送を最後に3月いっぱいで、その歴史に幕を下ろす。

 そこで、『週刊女性』で200人緊急アンケートを実施。その結果、記憶に残る昼ドラのダントツ1位となったのは53票を獲得した『牡丹と薔薇』。姉妹の愛憎劇は、過激な描写やセリフが話題を集め“ボタバラ旋風”と言われた。

「ありえないストーリー、セリフの面白さ。あるわけないと思いながらも次の回がとても気になりました」(女性30代)

「小沢真珠さんの狂気を帯びているような演技、どれも衝撃的な展開で目が離せなかった」(女性50代)

「ドロドロとネチネチしたストーリーがいい」(女性40代)

「ドロドロしていて、面白い」(女性20代)

 2位は24票を獲得した『真珠夫人』。“ボタバラ”の2年前に放送され人気に。流行語大賞にも選ばれた。

「俳優がみなさん素敵だったことと、人間味のあるストーリーで夢中になり、録画しておいたドラマを家に帰って見るのが楽しみでした」(女性40代)

「女性の決心と愛情、昔の男性の横暴さに苛立ちながらも明日はどうなるかという期待感で、毎日続きが楽しみでワクワクでした。いちばん思い出に残る作品です」(女性40代)

 3位は21票獲得した『愛の嵐』『華の嵐』『夏の嵐』の“嵐3部作”。“グランドロマン”と呼ばれた。

「中学生の夏休みに何気なく見てハマったドラマ。身分違いの純愛が思春期の私にめちゃめちゃ響いた。大人になってCS放送で最初から初めて見たときも、このドラマは最高でした」(女性40代)

 4位以下は、シリーズ作品が並んだ。『天までとどけ』、『キッズ・ウォー』、『大好き! 五つ子』、『ぽっかぽか』は、家族をテーマにした作品。

「ドロドロ系じゃなく、ほのぼのしていて楽しめた」(女性40代)

「見ていて気持ちよかった。子どもでも安心して見られた」(女性30代)

「『キッズ・ウォー』の“ざけんなよ!”とか印象的です」(女性30代)

 『温泉へ行こう』、『花嫁のれん』、『はるちゃん』は旅館を舞台にした人情ドラマ。

「毎回、旅館で起こるハプニング、嫁姑の戦いだけど、愛情があって、見ていて楽しい」(女性40代)

「真心を込めて どんなお客様でもおもてなしする、いじめられても 根性で乗り越える強さが印象的」(女性40代)

「はるちゃんの溌剌とした演技に、毎日の嫌な仕事の苦労を忘れさせてくれた」(男性40代)

関連記事

ドラマ裏話
今作で213作目

有村&窪田も 昼ドラ出演有名人

2015年12月18日(金) 11時00分
〈週刊女性1月1日号〉
ドラマ裏話
『別れたら好きな...

綾部 過酷な昼ドラとお笑い両立

2015年10月01日(木) 11時00分
〈週刊女性10月13日号〉
ドラマ裏話
『明日もきっと、...

高杉真宙の意外な楽しみとは

2015年06月01日(月) 11時00分
〈週刊女性6月9日号〉
ドラマ裏話
今作で213作目

昼ドラ 初期は15分文芸作品も

2015年12月16日(水) 11時00分
〈週刊女性1月1日号〉
女性
黛英里佳&逢沢り...

『新・牡丹と薔薇』も超過激

2015年12月15日(火) 11時00分
〈週刊女性1月1日号〉
女性
『プラチナエイジ...

榊原郁恵、ホストに興味津々

2015年04月17日(金) 11時00分
〈週刊女性4月28日号〉

オススメ記事

お笑い芸人
8月12日発売、...

キンコン西野がビジネス書を出版

2016年06月24日(金) 16時00分
〈文/西野亮廣【連載第1回】〉
ファミリー
高須クリニック・...

高須院長、海老蔵の会見を絶賛

2016年06月24日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
インフォメーション
9月から大阪&a...

「おそ松さん」舞台化に密着

2016年06月23日(木) 18時00分
〈「週刊女性」本誌よりお知らせ〉
文化人
直撃インタビュー

フィフィ、ファンキー謝罪を斬る

2016年06月10日(金) 11時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ