脚本家・中島丈博さん

昼ドラの帝王「いちばんしわ寄せを食ったのが昼ドラ」

2016年02月27日(土) 16時00分
〈週刊女性2016年3月8日号〉
2016年02月27日(土) 16時00分
〈週刊女性2016年3月8日号〉

nakajima0227

 女たちの情念がぶつかり合う“ドロドロ展開の昼ドラ=「昼ドロ」”を生み出した脚本家の中島丈博さん。平成に入ってからは最多となる12本もの脚本を担当した“昼ドラの帝王”と呼ばれる巨匠に、話を伺った。

 脚本家として半世紀以上ドラマに関わっている中島さん。昼ドラがなくなってしまうのは「とても寂しいこと」という。

「最近は主婦が働きに出ているから、昼ドラの時間帯に家にいないんですね。そうなると必然的に視聴率は下がってくる。録画して見ている人は多いんでしょうけど、それは数字として出ませんからね。

 また過激な描写もテレビ局、BPO、そして視聴者からも厳しくチェックが入るようになって、できなくなってしまった。さらにドラマの質の低下や視聴者のドラマ離れ、そういった全体のドラマ状況が悪くなっている中で、いちばんしわ寄せを食ったのが昼ドラなんです。

 今のドラマはリハーサル日を取らない。ほとんどの局でドラマ作りが簡略化されて、撮影の当日に役者がスタジオに入って、カメラの前で簡単な動きを決めて、セリフを言ってテストして、すぐに本番。そうすると役者が自分たちの芝居を高める時間が足りないんです。

 台本はあるけど、現場は役者任せの状態で、役者も“セリフを言っとけばいいんでしょ”という役者ビジネスな人が多くなってしまった。自分の言葉に置き換えてセリフを言うのを個性だと思って、きちっとセリフを言って演じようという志向がないんですよ」

 また、しっかりした仕事のできないスタッフにも問題がある、と指摘する。

「僕たちは必ずプロデューサーと話し合いながら脚本を作るんです。アイデアを出してもらったり、このセリフがよくないとか具体的にダメ出しされて作っていくんですが、いま、それができる人がほとんどいない。

  “なんかここちょっとタルい”みたいな感覚でしか指摘できないから、きちっとした本作りができてないんです。だから、自分で企画が立てられないので、オリジナル作品が作れず、小説や漫画の原作に忠実なドラマを作ろうとする。そうすると、原作者や出版社がどんどん強く出るようになって、何かあると、“原作どおりにやってくれ”となる。

 でも東海テレビの昼ドラは、自由な発想のオリジナル作品で、リハーサルもきちっとやって、しっかり作っていたんです。僕を担当していたプロデューサーは“ウチのドラマにタブーはない。自由に書いてください”と言ってくれましたね。

 そうやって面白いもの、ユニークなもの、そして深く人間の情感とか葛藤を書き込めるドラマだったから、なくなるのは本当に寂しいです。ただ、昼ドラはこれで終わりですが、夜のドラマが始まるそうじゃないですか。

 ぜひそこで、昼ドラで培ったドラマの力を見せてもらえたらいいなと思いますよ。昼ドラは僕の仕事全体で3分の1くらいの割合を占めていますけど、その分だけ自分の作家性が深まったかなと思っているんです」

関連記事

テレビ
続編も制作

『あかんたれ』好評で大幅延長

2016年02月25日(木) 11時00分
〈週刊女性2016年3月8日号〉
テレビ
’70年代に始ま...

嫁姑物語がテレビから消える

2015年09月07日(月) 18時00分
〈週刊女性9月15日号〉
文化人
『ノンストップ』...

橋田壽賀子、引退報道に困惑

2015年08月27日(木) 05時00分
〈週刊女性9月8日号〉
ドラマ裏話
大河ドラマの魅力...

ジェームス三木、大河不調嘆く

2015年06月08日(月) 11時00分
〈週刊女性6月16日号〉
女性
大映ドラマヒロイ...

伊藤かずえ大映ドラマに違和感

2015年04月10日(金) 16時00分
〈週刊女性4月21日号〉
男性
貫太郎節健在!

亜星「今は面白い時代じゃない」

2014年08月05日(火) 00時00分
〈週刊女性〉

オススメ記事

文化人
Twitterや...

フィフィ指摘ファンとの距離感

2016年05月25日(水) 17時40分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
バレーボール・タ...

フィフィ言及スポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
災害
高須クリニック・...

高須院長が語る被災地支援方法

2016年04月29日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ