※写真はイメージです

 セクハラ、わいせつ、児童ポルノなど多くの性暴力がはびこる日本社会で、これまで見過ごされてきた性暴力がある。障がい者へのそれだ。

 障がい者の性暴力被害について研究を続けている東洋大学の岩田千亜紀助教は、

「障がいを持った人たちが性暴力に遭っている統計はまったくなかった状況でした。障がいがある人は性被害に遭うことはないと思われていた」

 と勝手な思い込みの存在を示したうえで、

「一般的に性被害の場合、明らかに加害者のほうが悪いのに“あなたにも落ち度があったんでしょ”と言われてしまう。公にされたくない、恥ずかしいなどといった背景もあり、声を上げにくいんです。障がいのある人も同じです」

 と指摘する。

発達障がいの人たちはだまされやすい

 岩田氏は性暴力撲滅を啓発するNPO法人『しあわせなみだ』とともに『大人の発達障害当事者のためのピアサポートNecco』(東京都新宿区)の協力のもと今年3月、発達障がい者への性暴力調査を実施した。

「望まない人に性的な部分を触られる」「望まない人にキスされる」などという性暴力を、32人中23人が経験していたこと、そのうち11人は複数の性暴力を経験していたことが明らかになった。

 Neccoの金子麿矢子さんは、

「発達障がいの人たちはまじめで疑うことを知らない人が多いため、だまされやすいんです。もともと自己肯定感が低い傾向があるので、被害に遭っても“私が悪かった”と泣き寝入りする人が少なくない」

 言葉を額面どおりに受け取るタイプが多く、うちにいらっしゃいと誘われれば行く。何もしないからね、と言われればされないと思う。結果、何かあったとしても、加害者側は“相手からうちに来た”と言い逃れができる。“絶対にこのことは内緒だよ”と言われると、本当に言わない。

 前出・金子さんは、発達障がい者の傾向をこのように明かす。

 障がい者への性犯罪に詳しい弁護士の杉浦ひとみ氏は、

「障がいのある方は被害に遭いやすい」

 と指摘し、その理由を、

「抵抗ができないことや、被害を伝えられなかったり、周囲に信じてもらえなかったり。裁判でもうまく証言ができないため、検察が加害者を起訴するのが難しい現実がある」

 さらに卑劣なことが障がい者の周囲では起きることがあるという。前出・杉浦氏は、

「障がいの特性を踏まえたうえで、子どもと親の苦労をわかっていて性暴力に及ぶ人がいます。例えば、医療・福祉関係者、教員らです。20年ほど前、病院の男性看護師から“性教育を教えてあげる”と知的障がいのある当時16歳の少女が関係を迫られたケースがあります」

 とおぞましい現実を伝える。