「容疑者らが使ったのは、スマートフォンで交際相手や結婚相手を探す『マッチングアプリ』です。そこに登録している女性に近づき、メッセージのやりとりや会話をしてとにかく安心させて、実際に会う約束を取りつけます。

 ジュエリーデザイナーと名乗り、この近くに会社がある、自分がデザインしたジュエリーがあるのでぜひ見てほしい、と言われれば、ジュエリーに関心のある女性なら、恋人候補の男の仕事ぶりを見に行ってしまう。異性の恋愛感情を巧みに利用する、“デート商法”という類いの犯罪です

 全国紙記者がそのようにかみ砕いて説明する手口で、容疑者らは犯行を重ねた。

数万円のジュエリーを「元値80万円だよ」と

 警視庁は11月8日、ジュエリーの訪問販売業を営む『Grand Line』の代表取締役の森田宏行容疑者(34)と会社員の笹谷綾乃容疑者(39)、アルバイトの川端俊吾容疑者(34)、派遣社員の小野寺太一容疑者(35)の男女4人を特定商取引法違反(目的隠匿型誘引行為など)で逮捕したと発表した。

「実際に店に連れて行くと、40万~50万円のジュエリーを見せ、『元の価格は80万円だよ。普通は半額にはならないから』という具合に、お得感や特別感で購買意欲をあおると同時に、女性のことをほめちぎっていい気分にさせて売りつける。実際の価値は、数万円のものですから、本当に悪質です」(前出・全国紙記者)

 2010年8月に、今回逮捕された川端容疑者にジュエリーを売りつけられた女性がいる。都内在住の看護師、君島涼子さん(仮名、29)。背が高く、笑顔がかわいらしい明るいタイプだ。鮮明な記憶をひも解いてくれた。

「自宅に電話がかかってきたのがきっかけです。当時の会社名はDIAWIN。店は渋谷にありました。

川端俊吾容疑者(SNSより)

 “社会人1年目なので貯金もないし買えませんよ”と断ったら、“君のこと気に入ったから安くしちゃう”と120万円が60万円になり、渋っていたら40万円になり、“即決してくれたらこの値段で売るよ”と言われました。“若い子は借金して買うよ、鑑定書もつくよ”と言われたら信用しますよね

 その後、涼子さんは川端容疑者と食事をする間柄に。

「会っていたときは、2~3か月に1回、2年くらい会わないときもありました。恋愛感情はありませんでしたが、食事に連れて行ってくれたら全部おごってくれていました。将来は自分のお店を持ちたいとか、お店とは別のところでも働いているんだ、ということは言っていましたね」