ついに2019年4月末で平成の時代が終わる。平成の世を彩り、輝きを放ったスターはそのとき何を思い、感じていたのか? 当時と今、そしてこれからについてインタビューで迫っていくこの連載。8回目は演歌歌手の氷川きよしさん(41)です。

Vol.8 氷川きよし

 ’19年4月30日をもって、31年にわたる“平成”が幕を閉じる。平成が生んだ国民的演歌歌手は、時代の岐路に何を思い、どんな展望を抱いているのか?去りゆく時代を振り返る。

平成18年『一剣』でレコード大賞

 きよしくんはデビュー以来、年に2枚のシングルをリリースしていたが、デビュー7年目の平成18(’06)年は『一剣』のみ。

「ファンのみなさんが“年末にいい結果になるように”と応援してくださり、スタッフの方も頑張ってくださって」

 オリコンのランキングには、50週以上も入り続けた。そして12月30日、きよしくんは『第48回日本レコード大賞』の大賞に輝いた。いうまでもなく歌謡界最高峰の賞であり、さらに演歌歌手の受賞は13年ぶりだった。

「夢のようなすごい結果となりました。うれしさ以上に、“これから、どうしよう”という気持ちのほうが大きかったです。

 “レコ大とってすごいだろう”って威張りたくなるものかと思ったけど、浮かれる気持ちなんて全然なかった。むしろ、もっともっと謙虚でなくちゃいけないと思いましたそう思える経験をさせていただいて、本当にありがたいです

 受賞はやっぱり、ファンのみなさんが作品を応援してくださったおかげですから

 このときのきよしくん以降、大賞を受賞した演歌歌手はまだ現れていない。

平成20年『NHK紅白歌合戦』で大トリ

「すごいプレッシャーでしたね。本番1週間くらい前に、スポーツ紙に“氷川きよし、大トリ”って書かれているのを、事務所のスタッフから手渡されて。“ええっ!”って仰天しましたね

 その後、本番までそのスポーツ紙を自分の部屋に貼っていたという。

責任感と緊張感を持たないと。風邪をひいたりして、穴なんてあけたら大変なことになるから。ずーっと寝られなかったですね。どれだけのパフォーマンスが自分にできるのか、と考えるとドキドキして……

 挑んだ本番も、やはり緊張でガチガチだったという。

「数多くいらっしゃるスターの方々が歌ったあとに、自分が歌って、そこを(みなさんに)囲んでいただくことは、すごいプレッシャーでした。でも、本当にいい経験をさせていただきました」

 31歳のきよしくんが涙ながらに歌った『きよしのズンドコ節』。日本中がもらい泣きをした平成20(’08)年の大みそかだった。