莉菜容疑者のSNSから。こんな時期もあったのに
すべての写真を見る

 交際相手の藤原一弥容疑者は、室蘭市の出身。3年ほど前に札幌に出てきて、家賃3万円台のマンションに住むようになった。莉菜容疑者の現在のマンションからは徒歩15分ほどのところにある。

「3年前に引っ越してきたけど挨拶もしないよ。だけど表に室蘭ナンバーの黒くて大きな車を止めていてね。うん、特にここではトラブルは起きてないなぁ」と同じマンションの住人。

やったのはオンナのほうですよ

 逮捕時に飲食店経営者との報道も出たが、実際の経営者で友人の男性は否定する。

「風評被害で困っているんですよ。フジ(容疑者の愛称)は経営者じゃなくて、ただの常連客ですから」

 と友人。この友人は一弥容疑者と事件後面会したという。内容は話せないとしたうえで、容疑者の人柄を熱弁する。

「確かにフジは茶髪でタトゥーもしてるし、ピアスもしてる。タトゥーは『TS』という自分で入れられる機械を持っていて身体の半分だけ入れてる。フジは高校時代美術部で美的センスはいい。タトゥーはファッションでね。キレやすくもないし、めっちゃいいやつですよ。みんなで飲んだり、遊んだりする楽しいやつ。モテますしね」

 虐待についても強く否定。

「絶対に女性や子どもに手をあげるやつじゃないですから! 世間は見た目で判断するからね。第一、フジはタバコは吸うけど、最初から電子のアイコスだからヤケドなんておかしい。やったのはオンナのほうですよ、絶対」

 莉菜容疑者との出会いについては、

「今年に入って、フジが彼女のクラブへ飲みに行ったんです。ススキノでも有名なクラブで、彼女も有名でしたからね。それで仲よくなって、付き合うようになった。最近は“近々、結婚する”って言っていたんですけどねぇ」

 最後に友人は、こう言った。

「あんなひどいことはやってないと思うからいままでどおり普通に付き合いますよ」

 真相究明が待たれる。


取材/山嵜信明と週刊女性取材班 (やまさき・のぶあき)=1959年、佐賀県生まれ。大学卒業後、業界新聞社、編集プロダクションなどを経て、'94年からフリーライター。事件・事故取材を中心にスポーツ、芸能、動物虐待などさまざまな分野で執筆している