ところが、昨年秋ごろ、なぜかホストに転職した。

 退職した理由などを同店に尋ねたところ、

「店長は“お話できることは何もありません”と言っています」(店員)と電話さえ取り次いでもらえなかった。

彼は無類の部類

 一方、ホストとしての評判はどうだったのか。

ホスト転身後の夏目容疑者。お得意のゆるふわの髪型でポーズを決めている(同店関係者提供)
すべての写真を見る

 事件当時の勤務先は、これもまた激戦区で知られる歌舞伎町にあるホストクラブ。関係者によると、容疑者は「夏」という源氏名で約1年前から働き始め、今年の春先には同店で「指名ナンバーワン」を勝ち取って幹部に昇格したという。

「業界はいま景気がよく、年収1000万円を超えるホストがごろごろいる」(同町の飲食店経営者)というが、このエリアで働くホストの男性(23)は「全体でみればそんなホストはごく一部にすぎず、彼は無名の部類」と打ち明ける。

 別の関係者は「夏はそんなに酒癖は悪くない。女性にモテないわけではないし、どうしてこんな事件になったのかわからない」と首をひねるばかりだった。

 勤務先を訪ねると、店の入り口には夏目容疑者の大型ポスターが。開店準備中のホストに「店舗責任者に取材させていただきたい」と申し込んで連絡先を渡したところ、「オーナーに伝えます」と言われたきり返答はなかった。

 夏目容疑者は、美容師としても、ホストとしても、すぐに頭角を現してきた。しかし、カリスマであろうとなかろうと、指を噛むのも胸を触るのもアウト。酒に酔って女性を襲うようではそもそも人間失格である。