「土・日曜日も診療していたため近隣の働く女性には人気の病院でした。駐輪スペースは自転車でびっしりで、駐車場には他県ナンバーの車もありましたね。まさか、こんな事件を起こすなんて……」

 と近所の20代女性は絶句する。

「先生のことを好きと言ってごらん」

 患者の30代妊婦に性的暴行をはたらいたとして警視庁は1月22日、東京都足立区の「矢追医院」院長・矢追正幸容疑者(55)を強制性交等の疑いで逮捕した。

「好きなタイプだった」

 などと容疑を認めている。

犯行現場とみられるマッサージ室にはシングルベッドが……

 事件は昨年11月21日、午後の診療中に発生した。

「被害女性はこの日が4回目の診察だった。矢追容疑者は看護師を伴わずに診察し、女性をベッドのある個室に誘導。2人きりの室内で卑わいな言葉を囁きつつ約40分間、胸を揉んだり下半身を触り、キスするなどのわいせつな行為をしたとされる」(全国紙社会部記者)

 犯行時に被害女性に対し、

「先生のことを好きと言ってごらん」

 と要求したという。

 前出の20代女性は「キモすぎる」と吐き捨てた。

 患者から類似の被害相談が複数寄せられているといい、同庁は余罪を調べている。