“冬の時代”を乗り越えた嵐の5人は、グループだけでなく個人でも活躍するようになった。松本潤は、俳優としても脚光を浴びるように。

「'01年の日本テレビ系のドラマ『金田一少年の事件簿』で主演を務め、'02年のドラマ『ごくせん』では、成績優秀でスポーツ万能な、クラスをまとめるリーダー役を演じました」(テレビ誌ライター)

『ごくせん』で共演した脇知弘は、松本と打ち解けるまで時間がかかったと話す。

最初は、ちょっとツンケンしている印象でした。ドラマの中では、僕と幼なじみという設定なので仲よくしようと思ったのですが、近寄りがたい雰囲気だったので困りましたね(笑)。僕と以前共演したことのあった小栗旬くんが間に入ってくれて、しゃべってもらえるように。彼はツンデレなのか、仲よくなってからはすごくいろいろ話してくれるようになりました

カラオケで「嵐の曲」は……

 クラスのリーダー役だった松本は、カメラが回っていないところでもリーダーシップを発揮していた。

教室内の大事なシーンの前に、ほかの生徒役の人たちがザワザワしてしまうことがありました。すると、彼は、“うるせー、静かにしろ!”と注意していました。役者としてシリアスなシーンの前に準備するのは当たり前ですからね。周りがうるさいときは、ひとりで教室を出て車の中で台本を集中して読んでいたことも。きちんと全体を把握していて、“ここは脇くんに譲るよ”など、誰がどう動けばいいかをきちんと考えていましたね」(脇)

 真剣に芝居に取り組んでいたが、休憩時間はリラックスしていた。

僕はマジックが好きで、よく教室内でみんなに見せていたのですが、松本くんは“これ、この前ニノ(二宮和也)がやってたから知ってるよ”とトリックを見破られたことも。彼はよくいたずらをしかけていました。後ろから前の席の人にボールを投げて、当てられた人が振り返ると知らん顔をするというのをよくやっていましたね」(脇)

 ほかの出演者と遊びに行くことも多かったという。

特に、小栗くんや成宮(寛貴)と仲がよかったですね。みんなで食事やカラオケに行くこともありました。カラオケに行ったとき、松本くんの歌がとてもうまかったので、僕が“うまいな!”と言ったら、成宮に“そりゃプロなんだから!”とツッコまれたことも。彼はバックストリート・ボーイズをよく歌っていました。残念ながら、嵐の曲は歌ってくれませんでしたね(笑)」(脇)

『ごくせん』の2年後の'04年には、舞台『WEST SIDE STORY』に出演した。「松本さんのほか、櫻井翔さんと大野智さん、生田斗真さんや風間俊介さんなど、豪華なメンバーがそろっていました」(スポーツ紙記者)