在宅ワークは快適! という声は多いけれど…(イラスト/きくちもも)
すべての写真を見る

 みなさんはじめまして!  主婦ライターのいくみぃです。

 これから、週に1、2回、役立つ情報やちょっと心がときめくおもしろい情報を少しずつご紹介していきたいと思います。

 どうぞよろしくお願いいたします! 似顔絵とプロフィールは記事の終わりにありますので、ぜひ見てやってくださいね!

 それにしても大変な世の中、もろもろ自粛の日々ですね。私も不要不急の外出は控え、『STAY HOME』を実践しています。近所の子どもたちは休校で毎日、外遊びするようになり、元気な声に癒され、仕事もはかどる日々です。がっ!!  1日の歩数がなんと500歩をきってしまいました 。テレワークを始めて仕事中はほぼ座りっぱなしという方は、そろそろ運動不足が気になっていませんか?

 運動不足解消は自宅の限られたスペースだけでも大丈夫! 実は、運動をサポートする仕組みはたくさんあるんです!

「運動不足解消のために何をしていいのかわからない」「ひとりで筋トレをがんばるのはつらい」という方、必見です!

「運動不足の解消」=「運動する」だけではない!

「ジムが閉鎖されている」「公園へ行くのもいろいろ心配」と運動をあきらめてはいませんか? 運動不足解消は自宅でできることも意外に多くありますよ。

目標となる運動時間は1週間に1時間

 厚生労働省が運営する、『健康寿命を伸ばそう!』というサイトによると、健康づくりのためには「歩くなど身体を動かす活動を1日に60分、汗をかくような運動を1週間に60分行う」ことが目標となっています(18~64歳)。

 歩く、階段を利用する、椅子に座ったまま腹筋、立ち座りをゆっくり行いスクワットをするなどちょっとしたこともかまいません。私の友人は、テレワーク中、20分ごとにアラートが鳴って、そのたびにスクワットを10回こなすルールを自分に課しているそうです。

健康的な生活のためには食生活の改善も重要

 ハードな運動が苦手な方や、健康診断の結果に危機感を覚えている方は、まず食生活を見直してみるのもおすすめです。特にメタボや血糖値の上昇などが気になる方はなおさら。

 そもそも、運動不足を解消するためにはまず健康的な身体が必要ですよね! 積極的にヘルシーなレシピを取り入れて、身体の中から元気を取り戻しましょう。

目標をもとに意識する行動を変える

 とはいえ、一念発起して運動を始めても、継続することは大変。

 運動を途中で挫折してしまうのは、目標が高すぎるというのも原因かもしれません。

「2か月で5kgやせる」と具体的に目標を立てるのは大切なことですが、決めたことが果てしなく遠く見えてしまうことはありませんか?

 アメリカの心理学者、バラス・フレデリック・スキナーが提唱した『プログラム学習法』には5つの原理があるそうですが、第一の原理は『スモールステップの原理』とされています。まず目標を小さく分け(スモールステップ)、1個1個達成しながら大きな目標に近づくのが成功の秘訣だそうなんです。

 例えば最終目標が5kg減量だとしたら、「1回の食事でご飯など炭水化物の量を半分に減らしてみる」「2日に1回はウォーキングしてみる」「1食1品は自宅で野菜を食べる」など、これなら達成可能だという小さな目標を数多く立てます。1つ1つやり遂げる(成功体験)することで「できた!」という自信が重なれば、ダイエットが楽しくなり、さらに頑張るという好循環が発生し、目標をいつの間にか達成しているかも!

ザ・他力本願! 自宅での運動不足解消アイデア3選

 何事も三日坊主、運動の習慣化も何度も挫折してきたという方、ここでは、少し違う方向から取り組むことで運動する意識を高めてみましょう。

スマートウォッチを身につける

 スマートウォッチは、腕時計型ながられっきとしたコンピューター。リマインダー機能で毎日決まった時間に運動を促してくれるほか、心拍センサーなどが内蔵されているモデルもあり、睡眠時間や血圧などが記録できます。

「今日は運動しよう」
「運動よりも休養が大切かな」

 と、自分の日々の体調をみつめながら運動習慣を見直すきっかけが作れますよ。

スマートフォンのアプリを活用する

「自分の生活習慣で不足していることは何なのかわからない」という方におすすめなのがスマートフォンのアプリ。

 無料で始められて、AIがタイミングよく生活改善のヒントや運動の仕方を提案してくれます。知りたいときに自分に合った情報がもらえるので、自宅でも手軽に取り組めますね。

オンライン型の生活習慣改善サポートって知ってる?

 運動不足解消に本気で取り組みたい場合は、オンラインでサポートを受けてみるのはいかがでしょうか。これまでダイエットでリバウンドを繰り返してきた方も、タイミングよく適切な情報がわかれば、よい結果が得られる可能性が高まりますよ。

オンライン家庭教師って何?

 FiNCのダイエット家庭教師は、スマートフォンやiPadを活用したサービス。その日の体重や食べたものなどを報告すると、AIからのフィードバックや、食生活、生活習慣、トレーニングやエクササイズのポイントについて、各専門家からアドバイスが受けられます。

 単なる糖質制限にとどまらないオリジナルのメソッドで、そのバリエーションは15万通り。大手企業やプロスポーツチームにも導入されています。全国どこからでも申し込めるweb完結の仕組みです。

60日間徹底した生活指導が受けられる

 ダイエット家庭教師では、専門家による徹底したオンライン生活週間サポートが60日受けられます。短期集中で、太りにくくきれいな身体を保つための知識が入手可能です。1度学んだ知識は一生もの。ダイエットにお金をかけるのは今回が人生最後にできるかも!

 医師や管理栄養士の監修をもとにした食生活のサポートを行うことで、無理なくダイエットに取り組めます。正しい知識をもとに生活習慣の乱れを解消することがダイエット、ひいては健康への第一歩です。

 また、先ほど述べた「スモールステップ」を1つずつ達成していくにあたっても、誰かに進み具合を“見張っていてもらう”って役に立ちそう。サボり癖が出ても、定期的にチェックしてくる人がいたら、なんとか頑張ろうという(笑い)。そういう意味でも身近に「先生」をつけるのはとてもいいことでしょう。

まずは無料カウンセリングがおすすめ

 ダイエット家庭教師では、完全無料の電話カウンセリングが受けられます。悩みや気になる部位などを伝えると、ひとりひとりに合ったプランを提案してもらえます。

 目標によっては、サプリやファスティングなどのアイテムつきのプログラムも選択可能。運動不足だなと感じた際は、AIが隙間時間でも取り組める簡単なヨガやフィットネスの動画を提案してくれます。

 一定条件で返金保証もあります。「合わなかったらどうしよう」という心配もなく、始めやすいですね。

自宅でできる運動不足解消にオンライン家庭教師が便利

 

 普段から身体を動かすようにしていると、病気予防や心の健康維持、生活の質を高めるのに役立ちます。 自宅での運動習慣がなかなか身につかない場合には、エクササイズ動画を見るなど意識する行動を切り替えるところから始めてみてはいかがでしょうか。

 また、本格的に運動不足を解消したい場合には、FiNCのダイエット家庭教師が便利です。ひとりひとりの生活習慣をもとに先生やトレーナー、AIがボディメイクを維持するためにさまざまなサポートをしてくれますよ。