9月8日、俳優の伊勢谷友介(44)が東京・目黒区の自宅で大麻取締法違反(単純所持)の疑いで16時39分頃、警視庁に逮捕された。報道によると、伊勢谷の部屋からは大麻4袋、20.3グラムが見つかり、大麻はリビングの机の引き出しに入っていたという。

伊勢谷友介、逮捕されても冷静

当記事は「日刊大衆」(運営:双葉社)の提供記事です

伊勢谷は取り調べに対して、“弁護士さんが来てから話したいと思います”と供述。また、家宅捜索にも冷静に対応し、大麻を隠していたというような印象はなかった、といいます」(スポーツ紙記者)

 今回の逮捕で、伊勢谷の出演作品は対応に追われることになりそうだという。

同日付の『日刊スポーツ』の報道によると、逮捕2日前に吉永小百合(77)主演の映画『いのちの停車場』の伊勢谷の撮影が終わったばかりで、製作、配給する東映も対応に追われたといいます。これ以外にも10月30日公開予定の『とんかつDJアゲ太郎』、11月6日公開予定の『十二単衣を着た悪魔』など、公開を控えている出演映画が多くあり、製作サイドの今後の対応が注目されそうです」(前同)