1999年にデビューした嵐の5人は、俳優、バラエティー、アート、キャスターとそれぞれの得意分野で輝き始めた。

 2007年には、メンバー全員で映画『黄色い涙』に出演した。同作でカメラマンを務めた蔦井孝洋氏は、嵐の人気に驚かされたと話す。

「愛知県名古屋市の普段は閉まっているお店が多く、人通りの少ない商店街で撮影しました。夜中のシーンの撮影で深夜0時くらいに商店街に行ったところ、噂を聞きつけたファンの女の子たちがたくさん集まっていたんです。スタッフが乗っていたバスが入っていけないほどでした」

 当時の5人は、かなり忙しそうに見えたという。

昼間はそれぞれの仕事もあり、かなりハードスケジュールでした。疲労がたまったのか、二宮和也さんが38度近い熱を出したこともありました。でも、彼はまったくそんなそぶりを見せず、最初はスタッフの誰も気づかなかったほどです」(蔦井氏、以下同)

1人でいることが多かった大野

 連日仕事に追われていたが、現場の雰囲気は和やかだった。

大野智さんはひとりで黙ってポツンと座っていることが多かったのですが、それをほかのメンバーにツッコまれて、ニコニコ笑っていましたね。当時、レギュラーのバラエティー番組の仕事が大変だったみたいで、“川を走るロケで、全力で川底を走ったから足が痛いんだよね”とメンバー同士で笑いながら愚痴をこぼしていましたよ」

 日常の5人は“普通の若者”に映ったというが、彼らを見てブレイクを予感したようだ。

「撮影の終盤に、僕はよく“嵐がこれから嵐を巻き起こすんじゃない?”と冗談まじりに言っていました。個々のキャラクターが立っていて、誰もがセンターを張れる逸材でしたから。人間的にもきちんとしていたので、これから間違いなく売れるだろうと思ったんです」

 その予感は的中。2007年に放送されたドラマ『花より男子2』(TBS系)が嵐の人気に火をつけた。