「極めてまじめで優秀な職員でした。職場まで遠いのに、毎朝、誰よりも早く出勤するほど仕事熱心で……」

 驚いた様子で語るのは、元大阪府職員である橋本貴仁被告(52)の元同僚だ。橋本被告は今年6月9日、4件の児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で逮捕。その後、起訴された。文化課の課長という立場のある人物だった。捜査関係者によると、

「SNSを通じて延べ約300人の少女らとやりとりし、うち約160人と会い、40人近くと金銭を渡して性交をしていたようです」

高校生の親でありながら
犯罪を続けた

 少女の母親から府警に相談があり、発覚した今回の事件。被告は当初、容疑を否認していたが、9月2日の初公判では起訴内容を認めた。その後、新たに2件の児童買春と1件のポルノ製造容疑が裏づけられたとして、17日に書類送検されている。

 橋本被告は20年以上にわたり、大阪府の職員として勤続してきた。過去には土木やエネルギー政策、都市観光など多分野の部署を転々とし、キャリアを積み上げた。

 逮捕前までは幹部職員として吉村洋文大阪府知事の直下で働く、エリートだった。逮捕の報を受け吉村知事は、

「許されざる行為だ。府民のみなさんにおわび申し上げたい」

 と謝罪。被告は9月4日付で懲戒免職処分となっている。どのようにして犯行が行われたのかーー。

「少女がSNSで援助交際を募集し、それに被告が応じていた。渡していたのは1回につき2万円ほどです」(以下、捜査関係者)

 相手は18歳にも満たない少女だった。 

「嘘」にまみれた卑劣な手口、そして家族の苦悩とはーー。 

 元大阪府職員が犯した罪の詳細については、『大阪府エリート職員児童売春事件<公務中にホテルへ直行、少女300人と接触し40人と性交の罪>嘘まみれの卑怯な手口と、家族の苦悩』として、10月1日、11時配信のYahoo!ニュース有料記事にて【全文公開】する。