「高校を中退することになりました。家も追い出され住むところもないので働きたいのですが、コロナの影響でバイトも決まらず、パパ活を……」

 16歳の少女A子さんは、つらそうな表情で過酷な現状を語りだした――。おさまることのないコロナ禍で職を失う人が多い中、“パパ活”を通じてお金を得る女性が急増している。

 パパ活とは、女性が食事やデートに付き合う見返りとして、「パパ」である男性から金銭を受け取ることだ。

 性交渉を伴う援助交際とは異なり、表向きは健全な関係が前提とされているが、実態は売春行為も横行している。

 18歳未満のパパ活は、パパ(男性)側が児童福祉法違反や未成年者略取の罪に問われる可能性があり、最近は事件化していることが多い。

 東京都内に住む高校生のA子さんも、やむをえない理由からパパ活にいそしんでいる。

コロナで仕事がなくなり、
パパ活を始めた

「実の母親はキャバ嬢でしたが、5歳のときに薬物中毒で亡くなりました。父親は元客で、顔も見たことがありません。それで、里親に引きとられて生きてきました。毎月、家に2万円入れなければならず、スマホ代や食費、洗剤なんかも必要なので、月に15万円は必要なんです」

 未成年の高校生がここまで困窮(こんきゅう)していることがそもそも問題だが、コロナ渦でさらに厳しい状況に。

「以前は遊園地のバイトやガールズバーなどで働いていましたが、コロナで仕事がなくなった。それで、昨年の11月にパパ活を始めました」
 
 これまでツイッターを通じて7~8人の男性と会ってきたというA子さん。

「もともと興味があったのと、ラクに楽しく稼げるかなと思って。ごはんと買い物だけで、総計で10万円くらいもらいました」
 
 会うときには1回あたり1時間で5000円、交通費として2000円。計7000円をパパから受け取るというが、危なくないのか。

「今のところ危険な思いをしたことはありません。身体の関係を求めてくる人もいますが、年齢を理由に断っています。あまりに高額を提示してくる人も逆に信じられませんね。最近はスマホが止められているので、駅のWi-Fiなどを使わなければならず、会うときは大変です(笑)」

 里親との実家暮らしながら、食事は閉店前のスーパーで割引の惣菜を買うほどお金に困っているA子さん。ただでさえ生活が苦しい中、追い打ちとなったのが……。

1月中に家を出ることになったんです。夜の仕事で昼夜が逆転し通えなくなったこともあり、3月に高校を中退することになって。うちは厳しい家庭で“やめるなら自立しなさい”と言われたんです。親が自立用に貯めてくれたお金がありますが、これだけでは初期費用でなくなってしまいます」
 
 仕事のないA子さんは、パパ活の収入がなければ生きられない切迫した状況だ。