「当時、私は高校生でしたが、彼の自宅で無理やり、そういうこと(性行為)を……」

 週刊女性の取材に応じた女性たちは、口をそろえて怒りをにじませた――。

 東洋大学のミスターコンテストで、2019年に準グランプリを受賞した経歴もある糸洲朝貴(いとす・ともたか)容疑者(25)。

 2月3日、18歳未満の女子高校生にわいせつ行為をした、いわゆる淫行条例違反容疑で逮捕された。

容疑者は東洋大学文学部在籍の現役4年生で、昨年の6月にSNSで出会った少女を板橋区内の自宅へ連れ込んで性交していた。本人は容疑を認めている」(テレビ局記者)

 得意の手品を武器にタレント活動もしていたという容疑者だが、逮捕直前には『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)に出演。共演した指原莉乃から「(共演者の中で)いちばんカッコいい」などと絶賛された。

なぜ25歳で大学生なのか

『ザ! 世界仰天ニュース」に出演したときの画像をSNSに投稿していた

 今でこそ注目を浴びるイケメンだが、大学1年生までは体毛が濃く、体重は100キロを超す肥満体形だった。

周囲からばかにされた容疑者は、懸命なダイエットをへて体重を約40キロ減らし、体毛も処理して自他ともに認めるイケメンに生まれ変わった。

 本人も「ダイエットは最高の整形です!」とサクセスストーリーをアピールしている。

 沖縄県出身の容疑者だが、大学進学を機に上京。本人によれば、父親は地元の政治家だという。

 そもそもなぜ、25歳で大学生なのか。友人男性によると、

彼は過去に短大に通っていて、大学に入るのが遅かった

 卒業後の進路については、

2021年いっぱいは、マジシャンやタレント活動をすると話していました。それがダメだったら、沖縄に帰って小学校の先生になるそうです」(友人)

 しかし、教育現場では教師の卵として、あるまじき行為をしていたという……。

 教育実習で容疑者に教わったという都内の小学校の元児童によると、

僕たちにコンドームについて教えたり、担任がいなくなったら急に“セックスしたことある人!“とか聞いたりしていました。ラブホテルで性行為をしたときのことも自慢げに話していた

 男子は笑っていたが、女子はドン引きだったという。