交番で女性警察官に暴行を加えて“逮捕”

 容疑者はどんな人物なのか。旧知の医師によると、

「以前、宮里さんのほうから“クリニックを開設したい”と相談を受けたことがあります。新しいことを学ぶのに貪欲(どんよく)な一方で、つかみどころがなく、変わった人という印象」

 2012年には医療関係の会社を設立しているが、HPは存在せず、経営実態は不明。

 さいたま記念病院に勤務していたときは、職員用アパートが本店として登記されていた。

 かつて結婚していた時期もあったようだが、5年ほど前に離婚している。

 女性と交流を持ちたかったのか、SNS上では見知らぬ女性に「私は医師です」と突然リプライを送り、医療知識をひけらかすようなコメントを送っていた。

 ほかにも、「貧乳系コスプレOL」を自称する女性のアカウントにちょっかいを出している様子も確認できた(相手からの反応はなし)。

 さらに、過去には物騒な事件も起こしていたようで……。

「容疑者は、2017年3月に暴行で逮捕されたことがあるんです」(前出・記者)

 いったい、何をしたのか。

「都内にある無人の交番で電話機を投げ落として破壊。かけつけた女性警察官に注意された。すると突然、警察官に襲いかかり、馬乗りになって暴行を加えた。

 警察官は全治2週間のケガを負いましたが、本人は“正当防衛だった”と意味不明な言い訳をしていた」(同・前)

 医師とは思えない危険行為だが、それでも医師免許を剥奪されることはなく、釈放後も医療に従事し続けた。