JRE CARDはJR東日本グループの「ビューカード」が発行するクレジットカードです。ビューカードには多様な種類がありますが、JRE CARDはアトレ・ビーンズ・エキュート・nonowa等の駅ビルがおトクになるのが特徴です。

 JR東日本グループの駅ビルが中心の「JRE CARD優待店」にて、還元率3.5%でJRE POINTを貯められます。

 ルミネでも3.5%還元になっているので、アトレとルミネの両方を使う方にもおすすめのクレジットカードです。

 JRE CARDの年会費・ポイント・特典・付帯保険などのカードスペック、メリット・デメリットについて解説します。

年会費

 JRE CARDの年会費は初年度費無料で、2年目以降は477円(税抜き)です。家族カードはありません。

 1年目はコストをかけずに利用できるので、年会費無料でカードが適しているか試せます

 JRE CARDのETCカードの年会費は477円(税抜)です。ビューカードはゴールドカードを除いてETCは年会費が有料です。

JRE CARDの素晴らしいメリット5選

 JRE CARDにはJR東日本グループの駅ビル・百貨店や、Suica利用でお得にJRE POINTを貯められる利点が存在。多くの長所の中で厳選してピックアップすると5つのメリットがあります。

・駅ビルでの利用で還元率3.5%
・Suicaオートチャージが還元率1.5%
・ポイント有効期限は実質無期限
・JR東日本の各駅ビルでの優待サービス
・選べる3種類のタイプ(定期券搭載型も選択可能)

 JRE CARDが選ばれる理由の長所について掘り下げて解説します。

JREカード 公式入会キャンペーン
 

駅ビルのお買い物で還元率3.5%

アトレ上野の入るJR上野駅

 JRE CARDの最大のメリットは、JR東日本グループの駅ナカ・駅ビルのショップ・レストランである「JRE CARD優待店」では、カード利用によって3.5%の高還元率となる点です。

 JRE CARDの通常還元率は0.5%で、月間利用額1,000円ごとに5ポイント(5円相当)のJRE POINTを得られます。

 月間の通算合計金額に対して付与されるので切り捨てられてしまう端数は一カ月あたり最大で999円にとどまっています。

 JRE CARDをJRE CARD優待店で提示すると、通常のJRE POINTカードの3倍のポイントが付与されるので、0.5%+3%=3.5%還元でJRE POINTを貯められます。

 JRE CARD優待店は、関東から東北まで幅広いエリアにありますので、多様な地域にお住まいの方にとって役立つクレジットカードです。                                                          

駅ビル名・区分 店舗名
アトレ アトレ恵比寿 アトレ目黒 アトレ五反田 アトレ品川
アトレ竹芝 アトレ大井町 アトレ大森 アトレ川崎
アトレ四谷 アトレ信濃町 アトレ吉祥寺 アトレ上野
アトレ浦和 アトレ松戸 アトレ取手 アトレ秋葉原
アトレ亀戸 アトレ新浦安 アトレ大船  
シャポー シャポーロコ平井 シャポー小岩 シャポー本八幡 シャポー船橋
グランデュオ グランデュオ立川 グランデュオ蒲田    
アトレヴィ アトレヴィ大塚 アトレヴィ巣鴨 アトレヴィ田端 アトレヴィ東中野
アトレヴィ三鷹      
ビーンズ ビーンズ阿佐ヶ谷 ビーンズ赤羽 ビーンズ亀有 ビーンズ戸田公園
ビーンズ戸田 ビーンズ武蔵浦和 ビーンズ与野本町 ビーンズ西川口
ビーンズ武蔵中原 ビーンズ武蔵新城 ビーンズ中山 ビーンズ新杉田
ビーンズ保土ヶ谷      
ラスカ ラスカ茅ヶ崎 ラスカ平塚 ラスカ小田原 ラスカ熱海
ペリエ ペリエ千葉 ペリエ西千葉 ペリエ稲毛 ペリエ津田沼
ペリエ検見川浜 ペリエ稲毛海岸 ペリエ海浜幕張 ペリエ西船橋
イーサイト イーサイト高崎 イーサイト籠原 イーサイト上尾  
MIDORI MIDORI長野 MIDORI松本    
シァル シァル横浜 シァル桜木町 シァル鶴見
nonowa nonowa国立 nonowa西国分寺 nonowa武蔵小金井 nonowa東小金井
nonowa武蔵境      
VAL VAL小山 VAL古河    
エスパル エスパル仙台 エスパル福島 エスパル郡山 エスパル山形
東京駅のお店 北町ダイニング 黒塀横丁 キッチンストリート グランアージュ
グランルーフ グランルーフ フロント グランスタ東京 グランスタ丸の内
リビッド 仙台駅エキナカ 牛たん通り、すし通り、ずんだ小径等 山形駅エキナカ 米沢駅エキナカ
福島駅エキナカ 郡山駅エキナカ 新白河駅エキナカ 会津若松駅エキナカ
長町駅エキナカ 古川駅エキナカ くりこま高原駅エキナカ 多賀城駅エキナカ
ピボット 福島ピボット 郡山ピボット 会津若松ピボット 仙台原ノ町ピボット
古川ピボット      
CoCoLo CoCoLo新潟 CoCoLo長岡 CoCoLo湯沢・がんぎどおり
せレオ セレオ国分寺 セレオ八王子 セレオ西八王子 セレオ相模原
セレオ甲府      
エキュート エキュート日暮里 エキュート品川 エキュート品川サウス エキュート上野
エキュート大宮 エキュート大宮ノース エキュート立川 エキュート東京
エキュート京葉ストリート エキュート赤羽 マーチエキュート神田万世橋 エキュートエディション有楽町
エキュートエディション飯田橋 エキュートエディション横浜    
その他 あおもり旬味館 tekuteながまち tekuteほんしおがま Ekito.tagajo
トピコ"&"アルス ラビナ A-FACTORY アプリーズ
盛岡駅ビルフェザン プレイアトレ土浦 アズ熊谷 宇都宮パセオ
エクセル水戸 ボックスヒル取手 高崎モントレー 錦糸町テルミナ
JRE POINT加盟店(首都圏)
JRE POINT加盟店(東日本)

 クレカでない通常のJRE POINTカードを提示するだけでは、100円あたり1ポイントのJRE POINTです(還元率1.0%)。

 しかし、JRE CARDならポイント還元率が3倍となり、100円あたり3ポイントのJRE POINTを貯められます(還元率3.0%)

 支払いにJRE CARDを利用すると0.5%のJRE POINTも得られるので、合計で3.5%という高還元率です。

 このような特定店舗で高還元となるカードは、食品、レストラン・喫茶店、ドラッグストア、書籍、無印良品、ユニクロ、ニトリ等は対象外となっているケースが多いです。

 例えば三越伊勢丹のエムアイカード、タカシマヤカード、大丸松坂屋カード、西武・そごうのクラブ・オン/ミレニアムカード セゾンなどは、食品・レストラン・特定店舗は還元率が0.5%~1%に低下します。

 しかし、JRE CARDが強烈におトクなのは、これらの対象となっている点です。

 駅ビル内のほぼすべての店舗で還元率3.5%なので、飲食店・書店・スーパーなどでも高い率でポイントを貯められます。

JREカード 公式入会キャンペーン
 

「モバイルSuica」との組み合わせで定期券の還元率が5%に!

 JRE CARDではビューカードの共通特典として、Suicaへのオートチャージは還元率が1.5%となります(VIEW プラス)。

 また、2021年7月1日にVIEWプラスサービス改定がありました。かなりおトクな内容になっており、以下にまとめます。

利用内容 付与率
【1】「えきねっと」で「JR券予約(予約時決済)」 3.0%
【2】「モバイルSuica」でモバイルSuicaグリーン券を購入 3.0%
【3】「モバイルSuica」でモバイルSuica定期券を購入 3.0%
【4】「モバイルSuica」にチャージ 1.5%
【5】Suicaにオートチャージ 1.5%
【4】【5】以外のSuicaへのチャージ 0.5%

 さらに、上記【1】なら、えきねっと利用によるJREポイント付与(付与率は利用内容により違いあり)、【2】【3】ならモバイルSuica利用によるJREポイント付与(2%)もあり、還元率がさらに上がります。

日々の交通費のチャージでポイントが貯まる

 もちろんApple PayのSuica、Google PayのSuicaも対象です。

 主要コンビニはもちろん、幅広いスーパーで使用可能な“最強クラス”の電子マネーであるSuicaへのオートチャージで1.5%の還元が受けられるのはかなり大きいといえます。

 また、モバイルSuicaとJREカード決済の組み合わせで通勤でおトクにポイントを獲得できます。

 現金で定期券を購入すると1円も得をしませんが、「モバイルSuica+JREカード」なら5.0%のポイントを獲得できます。日々の通勤もポイ活になり、定期券代が年間20万円なら1万円相当のポイント付与となりますので、侮れないインパクトを発揮しています。

JREカード 公式入会キャンペーン
 

ポイントは実質無期限

 JRE CARDの利用で貯まるJRE POINTの有効期限は、最後にポイントを獲得もしくは利用した日から2年後の月末です。実質無期限なので便利です。

 2年間に1回でもJRE CARDを利用すると、その日から保有している全ポイントの有効期限が2年間延長されるので、実質無期限でポイントを貯められます。

 ポイントの失効を気にしたくない方には、実質的に無期限でじっくりと貯めることができるJRE POINTは大きな長所を兼ね備えたポイントプログラムです。

JR東日本グループ駅ビルでお得な優待特典

 JRE CARDはJR東日本グループの駅ビルを中心とした店舗において、お得な優待・割引・サービスを受けられます。

 例えば、アトレ・アトレヴィ(加えてプレイアトレ土浦)で年間5万円以上利用すると、500ボーナスポイントが得られます。

 また、アトレ・アトレヴィの対象ショップでは、JRE CARDの提示または決済により多様な優待サービスが受けられます。

 さらに、VIEWカードとしても、JR東日本ホテルズ、JRホテルグループ、駅レンタカー、サカイ引越センター、カラオケビッグエコーなど幅広い業種・企業で多様な優待サービスが用意されています。

選べる3種類のタイプ(定期券搭載型も選択可能)

 JRE CARDには3種類のカードタイプがあり、自分のライフスタイルに合わせて選択できます。

 クレジットカード機能のみ、Suica付帯型、Suica定期券一体型の3つがあり、年会費・基本カードスペックは同一です。

 クレジットカード機能のみ・Suica定期券付きのJRE CARDは、国際ブランドがVISAのみです。Suica付帯型はVisa・Mastercard・JCBから選択できます。

おすすめの方

 

 JRE CARDのメリットを考慮すると、JR東日本をよく利用する方、またJR東日本グループの駅ビルでよくお買い物をする方におすすめです。

 JRE CARDの最大の長所は、JR東日本グループの駅ビル「JRE CARD 優待店」にて、還元率3.5%でJRE POINTを貯められる点です。

 JRE POINTは駅ビルでのお買い物に1ポイント=1円として使えますし、Suicaチャージ、Suicaグリーン券、JR東日本グループの店舗で使える商品券などに交換できます。

 ビューカード共通特典のSuicaオートチャージでの還元率1.5%特典もあるので、お買い物から交通系電子マネーへのチャージまで、幅広い用途に活用できます。

JREカード 公式入会キャンペーン
 

デメリットは3つ

 JRE CARDにも3つのデメリットがある点には注意が必要です。

・年会費が有料
・ショッピング保険がない
・基本還元率は0.5%と低め

ここでは、JRE CARDの申し込みの前に知っておくべきデメリットについて詳しく解説します。

年会費が有料

 JRE CARDのデメリットは年会費が有料である点です。クレジットカードの保有にコストをかけたくない方には向いていません。

 また、ETCカードの年会費も有料となっています。無料でETCカードを使いたい方は、エポスカードJCBカードW plus Lなどがおすすめです。

ショッピング保険がない

 JRE CARDにはショッピング保険がありません。年会費が安い一般カードにはショッピング保険が無いことが多いので、JRE CARD固有の欠点ではありません。

 ただし、年会費無料カードでもショッピング保険が付帯しているクレジットカードもあります。

 イオンカードセレクトは年会費無料で、スマホ・パソコンも補償対象のショッピング保険が付帯しています。

 多くのクレジットカードではスマホは保証対象外となっているので、年会費無料なのにスマートフォンも補償対象なのは優れています。

基本還元率は0.5%と低め

 JRE CARDのショッピング利用時の基本還元率は0.5%にとどまっています。

 年会費無料でも還元率1.0%のクレジットカードは多いので、一般店舗ではあまりお得ではありません。

 しかし、JRE CARDではJR東日本グループの駅ビルで還元率3.5%で利用できるので、一般店舗での低還元はカバーしてお釣りが来る長所といえます。

ポイントの交換先・お得な使い道

 JRE CARDの利用で貯まるJRE POINTは、JR東日本グループの駅ビルでのお買い物にて、1ポイント=1円として利用できるので現金同様です。

 

 また、JRE POINTは1ポイント=1円として細かくSuicaにチャージに使えるので、利便性が高いポイントです。

 カード型Suicaだけではなく、モバイルSuica、Apple PayのSuica、Google PayのSuicaにもチャージできるので、スマートなモバイル決済にも役立ちます。

 また、JRE POINTは、JR東日本グループのギフト券などに交換することも可能です。

交換アイテム名 必要ポイント 交換先の金額
Suicaグリーン券 600ポイント 780円(50キロまでの場合)相当
ベックスコーヒーショップ
ドリンク回数券
1,150ポイント 1,500円相当
メトロポリタンホテルズ
共通利用券
1,750ポイント 2,000円相当
東京ステーションホテル
利用券
4,700ポイント 5,000円相当
ホテルニューグランド
利用券
2,550ポイント 3,000円相当
駅レンタカー利用券 2,550ポイント 3,000円相当
リラクゼ利用券 1,950ポイント 2,000円相当

 これらに交換すると1ポイントの価値が1円超になりますので、JRE POINTをより一層お得に利用することが可能です。

 ホテル内のレストランでも利用できるので、貯まったポイントで豪華なランチを楽しむことも可能になっています。

 JRE POINTは使い勝手が抜群に良好であり、このように1ポイント1円超でレバレッジを効かせて使うことも出来るのです。JRE CARDのポイントプログラムはとてもコスパがいいといえるでしょう。

JREカード 公式入会キャンペーン
 

海外旅行傷害保険

 JRE CARDには国内旅行傷害保険、海外旅行傷害保険が付帯しています。

 国内旅行保険は利用付帯であり、事前に対象の交通費や旅行代金を支払うことが条件です。海外旅行保険は利用付帯ではなく自動付帯なので、事前に旅行代金を支払う必要はなくて便利です。

保険の種類 担保内容 保険金額
国内旅行傷害保険 死亡・後遺障害 最高1,000万円
入院 3,000円/日
通院 2,000円/日
手術 入院保険金日額の10倍または5倍
海外旅行傷害保険 死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 50万円限度
疾病治療費用 50万円限度

 携行品損害、救援者費用、賠償責任保険は補償の対象外です。

 なお、傷害・疾病治療の最高50万円の補償も、海外では医療費が100万円を超えるケースも多いので心許ない水準。海外旅行の際には、補償用のサブカードを用意するのがおすすめです。

 その観点で考えると、エポスカードは、年会費無料で充実の海外旅行傷害保険が付帯している点でオススメといえるでしょう。

まとめ

 JRE CARDはJR東日本グループの駅ビルであるJRE CARD優待店において、JRE POINTが3.5%と高還元のクレジットカードです。

 対象店舗をよく使う方の場合、持たないと損といって過言ではないハイ・クオリティー・カードです。

 さらに、モバイルSuicaでの定期券購入の還元率が計5.0%になるビューカード共通特典があり、モバイルSuicaチャージ​、Suicaオートチャージも1.5%の高還元となっています。

・JR東日本駅ビルでの利用で還元率3.5%
・モバイルSuicaチャージ、Suicaオートチャージが還元率1.5%
・ポイント有効期限は実質無期限
・JR東日本の各駅ビルでの優待サービス
・JR東日本ホテルズ、JRホテルグループなどを始めとした幅広い業種での優待
・定期券搭載型を選択可能

JREカード 公式入会キャンペーン