“レス”大国といわれる日本でも、50代・60代でまだまだ現役な夫婦も珍しくない! 10数年の時を経て、“レス”から“フル”へと変わった夫婦のエピソードを紹介。いつまでも元気であるために、これをきっかけに夫婦生活を見直してみては?

最近の50代・60代は“二極化”

 世界的にみてもセックスレスが深刻といわれる日本。実際、『週刊女性』が昨年40代~60代の女性650人を対象にしたアンケートでも、6割強が10年以上セックスレスだと回答。

 しかし、長年、恋人・夫婦仲相談所の所長を務めている三松真由美さんによると「アラカンでも月1回以上セックスをしている“セックスフル夫婦”は少なくない」という。

「最近の50代・60代は、いまだお盛んな人と、セックスをまったくしない人の“二極化”が進んでいます」(三松さん、以下同)

 年齢を重ねると女性は濡れにくくなり、更年期にはセックス自体、する気が起きなくなる。

でも、更年期が落ち着いて夫への愛おしい気持ちがあるなら、それまでレスな夫婦でもセックスフルに戻れる可能性は十分。ちょっとしたきっかけで夜の営みが復活したアラカン夫婦も珍しくありません」

 アラカンで10数年ぶりにセックスライフを取り戻した夫婦の実例を教えてもらった。

・40代~60代の既婚女性に聞きました!

Q.夫やパートナーと性交渉はある?
 はい……30%
 いいえ……70%

Q.「いいえ」の人はどのくらいしていない?
・2~3年……11.43%
・5年くらい……14.92%
・10年くらい……18.73%
・10年以上……43.81%
・その他……11.11%

※2020年、既婚女性650人にアンケート(Freeasy)