古都・京都で、凄惨(せいさん)な殺人事件が発生した。

 7月9日に陶芸家の古川剛(たけし)さんを殺害したとして、京都府警は10日、アルバイトの佐藤千晴容疑者を殺人容疑で逮捕した。

「事件現場は、京都市の郊外にあるラブホテル。容疑者は包丁で古川さんの背中を刺すなどして、殺害しました。現場からは凶器となった刃物のほかに使用した形跡のあるボーガンも見つかり、頭部には矢が複数、貫通していました」(全国紙社会部記者)

 ホテルの従業員から「女性客が人を刺したと言っている」と通報があり、逮捕に至った。

世界で唯一の作家だった

 佐藤容疑者は古川さんの陶芸の愛弟子で、2人は交際関係にあったという。調べに対しては、「殺してやるという思いでやった」と供述し、犯行を認めている。

 亡くなった古川さんは、京都では有名な陶芸家だった。

 京都市内にある実家は由緒ある清水焼(きよみずやき)の窯元(かまもと)で、古川さんは高校卒業後に焼き物の世界に入り、家業に従事しながら技術を磨いた。

 2015年に独立した後は国内外に出展を重ね、多くの賞を受賞するなど、若くして才能を認められた作家だった。

作品作りに熱中する様子の古川さん(本人HPより)

 生前に一緒に仕事をしたことがあるという知人によると、

「家業は長男が継ぎ、次男である古川さんは、独自の作品を生み出すべく、日々、研究を重ねていました。礼儀正しい性格で、仕事では常に完璧であることを追求していた。また彼は世界で唯一、金色の釉薬(うわぐすり:陶磁器の表面をおおうガラスの層のこと)を作りだせる作家でした。金箔で金色を出すことは簡単ですが、彼は金をいっさい使わずに色を表現していた。いずれは人間国宝になられる方だと思っていたのに……

 そんな古川さんを殺した容疑者はどんな人物か。

 京都府出身の佐藤容疑者は京都精華大学で陶芸を専攻した。卒業後は日本屈指の陶芸の中心地、栃木県益子にある製陶所に勤務。京都に戻ったあとも陶芸の勉強を続け、最近は古川さんに師事していた。

 容疑者の知人によると、

「佐藤さんはとにかくおとなしい女性というイメージですね。彼女は京都に戻った5年ほど前に、京都市産業技術研究所の人材育成コースで、陶磁器の勉強をしていました。古川さんは当時、研究所の講師を勤めていて、ふたりはそこで出会ったようです」

 その後、容疑者は古川さんのもとに弟子入りすることになる。師弟関係を結んでいたのは容疑者だけで、ほかに古川さんのもとに弟子はいなかったという。