閉経後に起こる症状にはいろいろあるけれど、実はSEXでも変化が。せっかく妊娠リスクがなくなったのに、楽しめないのは人生損しているようなもの。身体の変化と対策案を知って、素敵なSEXライフを手に入れて!

【Part1】まずは知ろう! 閉経後のアソコは?

 火照りや肩こり、不眠などの更年期障害のことは友達同士で話題になるけど、アソコについてはちょっと聞きにくい……。

「閉経後の変化で最も代表的なのが、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの大幅減少。肌にハリや潤いがなくなるのもこれが一因です。そして膣内部も同じく乾燥しやすくなります」

高林裕果さん

 そう語るのは膣衛生協会代表を務め、フェムケアの製品開発にも携わる高林裕果さん。

「膣内部が乾燥すると、かゆみだけでなく異臭を放つことも。また、細菌を排除する力も低減するため、病気になるリスクも高くなります。さらに潤い不足の膣内は粘膜が硬くなってしまい、場合によっては萎縮してしまいます」(高林さん、以下同)

 やはり閉経後のアソコにはさまざまな変化が訪れる様子。では、SEX時のアソコも濡れにくくなってしまうというウワサは事実なの?

「個人差があるので、決して濡れなくなるということではありません。ただ、多くの人が濡れにくくなって悩んでいるのは事実です。中でも閉経前からセックスレスになっている人は要注意。長い期間膣内に十分な潤いを与えていないので、性的快感にも反応しにくい状態になっています

 やはりウワサは本当だった……! あまり濡れていない状態で男性器を挿入されたら、気持ちよさなんて間違いなく皆無。ただただ痛みに耐えるだけで、SEXがイヤになってしまう。このような事態を防ぐためにはどうすればよいのか。高林さんに聞くと、日ごろからのケアが重要なのだそう。

「できれば専用のソープを使って清潔にするのがベストですが敏感肌用洗顔料でも大丈夫。指でていねいに洗う習慣をつけましょう。さらに清潔感を保つためには、毛の処理も効果絶大。毛に付着した不純物は膣内トラブルの原因になることもあるので、VゾーンだけでなくIゾーンも脱毛するのが理想的です」

 そして高林さんがいちばんにオススメするのがオイルマッサージだ。

「指にオイルをつけて第1関節から第2関節くらいまで膣内に挿入して、内部をよくもみほぐします。膣内に指を入れられない人は、膣周辺にオイルをつけるだけでもOK。続けるうちに乾燥が解消され、徐々に濡れやすい状態に変化します。また、血行も促進されるので、冷え性や代謝アップにもつながって一石二鳥ですよ」

 そう語る高林さんのお肌は40代にしてつるっつる。アソコのケアでキレイ度もアップ!? もちろん閉経後からでも、アソコの改善は望めるそう。まずは日々のケアから始めてみよう!

●アソコのケアは専用アイテムを使うのがベター!

 高林さん監修のケアブランドCITUCAのアイテムで日々のアソコ磨きを。

・ケアソープ(120ml)3190円…ぬるま湯でよく泡立ててから、指の腹を使って洗浄。
・ケアオイル(20ml)3410円…2〜3プッシュが適量。デリケートゾーンまわりにやさしくなじませて。

*CITUCA(ちつ花)https://www.animomedical.co.jp/cituca.html

CITUCA(ちつ花)ケアソープ(120ml)3190円、ケアオイル(20ml)3410円