「被害に遭われたかたの大切な命を奪い、重大なケガをさせたことは、その通りで認めます。争いません。本当に申し訳ない気持ちで一杯です。被害者、遺族には深く謝罪をいたします」

 証言台に立った被告は、あらかじめ準備しておいたメモを読み上げ、そして率直に謝罪した。

 暮れも押し迫った12月27日、朝から降り積もった雪の中、福島地方裁判所の203号法廷(三浦隆昭裁判長)で、「猪苗代湖ボート事故」を起こした福島県いわき市の佐藤剛被告(44)に業務上過失致傷を問う初公判が開廷した。

走り去った大型ボート

 事故は昨年9月、福島県会津若松市の猪苗代湖で発生。男女4人が水上スキーの順番待ちをするために、ライフジャケットをつけて湖面に浮かんでいたところ、佐藤被告が運転する大型ボートが突っ込んだ。千葉県野田市の小学校3年生・豊田瑛太くん(当時8)が死亡したほか、その母親(36)ら2人が重傷を負う大惨事だった。

 ところが、大型ボートはそのまま走り去ってしまう。当日は複数のボートが湖面を運航していて、目撃証言も曖昧だったことから、ボートの特定は難航した。

 だが今年9月、福島県警はおよそ1年をかけてボートを特定。被告を業務上過失致死傷の疑いで佐藤被告を逮捕した。このとき被告は、

「身に覚えがない」

 などと否認していたはずだが……。