突然、テレビに不気味な映像が映し出される。画面の中から近寄ってくる長髪の女がゆっくりとテレビから這い出てきて……。

「ホラー映画『リング』が'98年に公開されて大ヒットしました。テレビと、当時はどこの家にもあったビデオテープという身近なモノを使った内容が、恐怖をより倍増させましたよね。架空の人物である“山村貞子”が怖すぎて、社会現象にまで発展したほど。その後も次々と続編が作られ“貞子”という存在が、日本でのホラーというジャンルを牽引してきたといっても過言ではありません」

 あれから20余年─。昨年末、また新たに『貞子』の名を冠した映画が、世に生み落とされた。ただこの作品、本編はともかく不思議なトラブルに見舞われているというのだ。

撮影後に起こった不可解なトラブルとは

「『movie貞子の逆襲』という作品ですが、ものすごく低予算で作られた映画で、撮影は大変だったそうです。ま、内容は置いといて、問題なのは撮影後の話です。なんでも、映画の撮影に関係した人たちに次々と不幸が起こっているんです。ウソのような本当の話で、めちゃくちゃ怖いんですよ……」(映画関係者)

 異変は映画の撮影が終わった'21年3月から始まる。

 同作を製作した監督が、その恐怖を明かす。

「撮影が終わった直後のことです。車で帰路についたのですが、路上に人が倒れていたんです。急いで駆け寄って声をかけたのですが、息をしていなくて。すぐに救急車が来て運ばれていきましたが、その後どうなったかはわかりません。その数日後には新型コロナウイルスのワクチンを接種したのですが、翌朝起きるとなぜか、ひざが血だらけに。驚いて、すぐ医師に確認しましたが“こんなことは前例がない。原因不明です”と言われちゃって」

 不幸は、これだけでは終わらない。