“ユッキーナ”こと木下優樹菜が、3月17日に写真集『CORRECT』(双葉社)を発売することがわかった。

 情報解禁にあたり、木下は「今回、芸能界を引退し、一般人として初めての写真集を出させていただくこととなりました。芸能界への復帰は考えておりませんが、34歳の私として、今だからこそ残せる作品として、ぜひ出したいと思いました」などとコメント。

 また、「写真集のタイトル『CORRECT』は、『THERE IS NO CORRECT ANSWER IN LIFE. (人生に正解はない)』という言葉が好きで、そこから取りました」と説明しているが、“CORRECT”だけだと“正解”や“正しい”という意味になる。

モデルなのに“最強の一般人”と謳う木下優樹菜

「木下といえば、2019年に実姉が勤めていたというタピオカドリンク店の店長に対し、恫喝するようなメッセージを送っていたことが発覚して、同年11月から芸能活動を自粛。2020年7月1日に一旦は活動再開したものの、同月6日には芸能界引退が発表されました。

 なお、同年9月2日から始まったタピオカドリンク店との裁判は、2021年10月27日、東京地裁が木下に40万円の支払いを命じて決着。こうした経緯もあって、ネット上には“間違ったことをして引退に追い込まれ、裁判でも賠償命令を下された人の写真集が『CORRECT』なのすごい”や“自分は正しいってこと?”という皮肉めいた声もみられます」(スポーツ紙記者)

 一方、木下は“タピオカ裁判”が始まる前日の2020年9月1日時点で、新たなインスタグラムを始動させ、タレント時代のファンと再び交流するように。また、2021年3月には“ヤンキー御用達”のアパレルブランド・GALFYの「2021 Limited Collection」のモデルに起用された。

「木下と同ブランド、双方のインスタアカウントで、彼女がモデルになっている画像が公開されて、それらには『最強の一般人』というハッシュタグが付いていた。モデル業を展開しておきながら『一般人』を謳うことには、業界内外で疑問の声が上がっていました」(同・前)