予想どおりの反応でした。そもそも謝る気がないんです。自分がした行為がどれだけ卑劣なことか、わかっていないんですよ

 怒りで声を震わせながら、そう話すのは、映画監督の園子温から受けた“性被害”を、4月5日発売の週刊女性で告白した元女優のひとり。

 園は自身の公式サイトに直筆の謝罪文を発表したが、

《関係者の皆様にご迷惑とお騒がせをしてしまいました事、また、作品を見てくださった視聴者の方を含め、皆様にお騒がせをしてしまっていることにつきまして、深くお詫びいたします》

 と、どこにも被害女性たちへの謝罪の言葉は見当たらない。そればかりか、法的措置を示唆する文言も記載されている。

報道後に“俳優T”・坂口拓が園監督に言われたこと

園子温が発表した直筆の謝罪文では、被害者に言及せず

 冒頭の元女優を飲み会へと連れていき、強制性交未遂の間接的な加害者となったアクション俳優のTこと、坂口拓も5日、YouTubeに謝罪動画を投稿。

「10年前のこととはいえ、不快な思いをさせた方がいるのであれば、この場を借りて謝罪したいと思います」

 と頭を下げたが、「不快な思いをさせた方がいるのであれば」と、あたかも、そんな被害者はいないかのように語った。

 前出の元女優は、

まるで根も葉もない誹謗中傷を受け、自分が被害者だと言わんばかりの言い分ですね。こっちは被害を受けて眠れない日が続いたり、当時のことがフラッシュバックして震えが止まらなくなったり、感情のコントロールができなかったり……。私はそうやってずっと苦しんできたのに……

 そう話し、悔しさをにじませた。

俳優Tは自分だと名乗り出て謝罪した坂口拓(本人のYouTubeより)

 週刊女性は坂口が謝罪動画を投稿した翌日、彼に電話で取材を申し込んだが、

園監督が、とりあえず弁護士を通じてすべてやると言うので、自分からは何もしゃべらないでほしいとのことでした……。自分の中では正義を通して生きてきたので、本当にこういう感じになったことに驚いています

 と話すだけ。しかし、週刊女性には園だけでなく、坂口に対する告発も相次ぐ。