「被害に遭ったときは恥ずかしさとショックで言い出せなかった。でも、逮捕されたとニュースで知って……」

 犯行当時、高校生だった10代女性B子さんはそんなふうに警察に被害を打ち明けた。モデルに誘った20代女性A子さんに「いい表情を撮るため」と言って胸や陰部周辺を触るなどした準強制わいせつの疑いで5月10日に逮捕したカメラマンについて、大阪府警捜査1課と城東署は同31日、B子さんに対する同容疑で再逮捕した。

 堺市西区に住む大橋正嗣容疑者(52)。プロカメラマンの肩書きで、「無料で撮影モデルをしてみませんか」などとSNSで女性を勧誘し、撮影中に犯行におよぶ手口だった。再逮捕容疑は3月上旬の昼ごろ、撮影スタジオとして借りているマンションの一室で、モデルに応じたB子さんに「いい表情を撮るため」などと信じ込ませ、下着の中に手を入れて、胸を揉んだり、陰部を触るなどわいせつ行為をした疑い。

「スタジオに入ると、過去に撮影した写真や動画を見せられ、衣装に着替えさせられ、いろいろなポーズをとらされている。撮影の途中、“表情をつくるため”と言われわいせつ行為が始まった。被害者が最後には“やめてください”と声を出すと、大橋容疑者は“やっぱり無理やったか”と手の力を抜いたという。被害者は起き上がって着替え、隙をみてスタジオから逃げ出した」(捜査関係者)

 助けを呼ぼうにも呼べなかった。「キミのスマホでも撮ってあげる」と言われ、容疑者に渡してしまっていたから。

 最初の逮捕をきっかけに、被害を訴えたのはB子さんだけではなかった。

「反応しているよ」と言われた女性も

「大橋容疑者に身体を触られたなどとする被害相談が府警に41件寄せられた。“反応してるよ”と言われたケースや、着替え中に盗撮されたのではないかと話す女性もいた。スタジオを開いた当初にあたる10年前の被害相談もあり、余罪については慎重に調べている」(前出の捜査関係者)

 警察の取り調べに容疑者は A子さんの事件について、

「胸や尻を触ったが、合意の上だった」と容疑を否認。

 B子さんの事件には、

「いろんな人を撮影しているから覚えていません」

 とこれも否認している。

 被害女性が面識のないカメラマンを信用したのは、SNSで大勢の女性の写真をアップしたり、フォロワーにモデルがいたから。SNSで自分を少しでもきれいに見せたい。自撮りでは限界がある中、B子さんは「無料でプロに撮ってもらえるならラッキーやな」と考えたという。