「3年前から塾の講師をやっていて、国語を中心に小中学生に教えていました。指導力に優れていて、子どもたちからも慕われていると聞いていたのに……」

 と、容疑者の知人は、突然の不祥事を惜しむ。

 茨城県警取手署は8月27日、千葉県流山市の塾講師・西山清志容疑者(31)を児童買春、児童ポルノに関する行為等の規制などの違反の疑いで逮捕した。

小中学生の塾講師が14歳少女とみだらな行為

「今年の7月、西山容疑者はSNSで知り合った茨城県内に住む中学3年の少女(14)にホテルで現金を渡した上で、みだらな行為をしていました」(全国紙社会部記者)

 犯行が発覚した経緯について、

「8月になって、少女の母親が娘のスマホなどを見て“パパ活”をしていることに気づいた。そこで“娘が今度、男と会う約束をしている”と警察に相談したんです」(同・社会部記者)

 そこで、待ち合わせ場所の駐車場に現れた容疑者を待ち伏せしていた警察が確保。

「突然のことに驚いた様子だったが、ほとんど抵抗はしなかったですね」(捜査関係者)

 警察の取り調べに対して、容疑者は少女へのみだらな行為と現金を渡したことは認めたものの、

「14歳だとは知らなかった」

 と容疑を一部否認しているというが……。

「被害者少女は14歳よりは少し大人びて見えるのかもしれないが、未成年者であることはわかったはず。しかも容疑者は小中学生の塾講師であり、見分けがつかないはずはない」(同・捜査関係者)