絢子さま・守谷慧さん、おふたりの写真

「高円宮家の三女・絢子さまと日本郵船に勤務する守谷慧さん(32)が婚約されました。

 守谷さんは勤務の傍ら、途上国の子どもたちを支援するNPO法人『国境なき子どもたち』の理事を務めています。

 '15年に亡くなった慧さんの母・希美枝さんが、もともとこのNPO団体の専務理事でした。絢子さまのお母さまである久子さまは毎年、関連行事に足を運ばれていて、母親同士の交流があったのです」(宮内庁関係者)

 昨年12月、久子さまが絢子さまに慧さんを紹介して、まもなく交際に発展。半年後にご婚約が内定するに至った。

 その一方で、絢子さまを知る関係者は、今回の結婚相手に驚きを隠せないという。

私が知っている限り、絢子さまは過去に計3人の男性とお付き合いされていましたが、守谷さんとはタイプが違うように思えるんです。

 城西国際大学時代にお付き合いしていたのは、同い年くらいの茶髪の男性で、ピアスをつけ、ズボンを“腰ばき”している方だったのでとても驚きました。

 結局、絢子さまのカナダ留学を機に自然消滅したようですね」(城西国際大学関係者)

 イマドキの学生と別れてしまったあと、海外留学中にも交際相手がいらっしゃったと、この関係者が続ける。

愛子さまのお付きも気づかないほど、絢子さまは周囲に溶け込んでボランティア活動を

'13年9月から'14年4月に、カナダの『カモーソンカレッジ』に留学していたときには、外国人とお付き合いされていましたが、すぐに破局したそうです。

 その直後の'14年5月から約3か月留学していた同国にある『ブリティッシュコロンビア大学』では、日本の地方出身の方と交際されました。この方は宮邸にお呼びしたり、男性側の実家を訪れたこともあったようです」

 学生時代から恋愛経験を積みながら、最終的には久子さまのご紹介で守谷さんとの結婚をお決めになった絢子さま。これには“高円宮家の家訓”と“眞子さまの結婚延期”が影響しているそう。

“恋愛と結婚は別”というのが、久子さまのお考え。高円宮家は皇室の一員として、国民が納得できる“それなりの相手”を選ばなくてはならないという意識が強いのです。そのせいなのか、昨年5月に眞子さまと小室さんの婚約が報道され、大学で出会い、自由恋愛を経ての結婚だと知った際は、絢子さまはとても驚かれていたと聞いています。

 しかし結局、結婚延期となり、“やっぱり恋愛と結婚は別なんだ”と思い直されたそうですよ」(高円宮家関係者)

 ほかの皇族方のご結婚事情にも眞子さまの結婚延期が影響しているようだ。