お見合いは、結婚を前提にした出会い。生涯をともにする伴侶を探すのですから、そこにはマナーやルールがあります。婚活ライターをしながら、仲人としてもお見合い現場に携わる筆者が、目の当たりにした男女の婚活事情を、様々なテーマ別に考えてゆく連載。今回は、『ご縁につながるお見合い、つながらないお見合い』です。

チラ見ばかりで声をかけられない男性の多くは、女性との交際経験がないようで(写真はイメージです)

遅刻をしても我が道を行く

 その日は、ウィークデー、会社が終わってからのお見合いでした。お見合い場所のホテルは休日のような混雑もなく、ゆったりとした時間が流れていました。

 19時からだったので、18時45分には、男性会員の安藤さん(38歳、仮名)とともに、1階のティーラウンジ入口前で、お相手の吉田さん(35歳、仮名)が到着するのを待っていました。すると、吉田さんの仲人さんから電話がかかってきました。

「申し訳ありません。会社を定時に出ることができず、10分ほど遅れて到着するようです。安藤様によろしくお伝えください」

 隣にいた安藤さんにそのことを伝え、2人でそのまま世間話をしながら待っていました。

 ところが、19時10分になったのですが、吉田さんは現れませんでした。15分が過ぎ、20分が過ぎ、30分が過ぎた頃、入口から背筋をピンと伸ばして、悠々とこちらに向かって歩いてくる女性がいました。それがお見合い相手の吉田さんでした。

 遅刻してきた人というのは、小走りだったり顔に汗をにじませていたり、どこか慌てている様子が見受けられるものですが、そんな様子はありませんでした。

 私たちの前に来ると、彼女はゆっくり会釈をして言いました。

「こんばんは、吉田です」

 30分近く遅刻してきたのに平然としている様子に、私はちょっと違和感を覚えました。

 2人をティーラウンジに送り出し、しばらく遠目で見ていたのですが、吉田さんは女性政治家のような威風堂々とした態度で着席をしました。

 その日、お見合いを終えた安藤さんから、電話連絡がきました。

「今日の女性、お断りでお願いします。ラウンジに着席してからも、遅れてきたことへの謝罪が一言もありませんでした。あと、ほとんど笑顔を作らない人で、会話をしていても人間的な温かみを感じませんでした。僕に興味がなかったのかもしれませんけど」

 私も女性の不遜な態度が気になり、もう一度、彼女の身上書を見直しました。すると、自己紹介のコメント欄にこんなことが書かれていました。

「何があっても物事には、動じないタイプです」

 いや〜、動じなさすぎですって(笑)。

 お見合いに遅刻は厳禁です。しかし、電車が遅延したり、来るまでにトラブルに巻き込まれたり、遅れてしまうこともありますよね。

 そんな時は、速やかに遅刻することを連絡をする。そして、いかなる理由があろうとも遅れてきたのですから、まずはお待たせしたお相手には、謝罪することが大事です。

こちらをチラ見、でも声をかけてこない

 女性会員の真理恵さん(32歳、仮名)と私は、その日お見合いする大川さん(38歳、仮名)をホテルのロビーで待っていました。

 約束の11時になっても、大川さんは現れません。大川さんの相談室に確認の電話をかけようかと携帯を取り出したところ、ホテルの柱の陰からチラチラこちらを見ている男性に気づきました。

 いったん私と目が合ったのですが、すぐに視線を外し、ややあって、またこちらをチラチラ見ています。

 真理恵さんが、私に言いました。

「あの方、大川さんではないですか?」

 私がお声がけに行くと、やはり大川さんでした。

 実はこれ、お見合ではよくある光景です。女性と待ち合わせしているのだから、柱の陰に隠れていたら見つからないのに、なぜかコソコソと身を隠している。

 そして、女性に気づいてもチラ見てしているだけで、話しかけてこない。女性側から話しかけられるのを待っているのです。

 そういう男性の多くは、これまで女性とおつきあいした経験がない。おそらく声のかけ方が、わからないのでしょう。

 大川さんとのお見合いを終えた真理恵さんから連絡が入ってきました。

「お断りでお願いします。会話が一問一答形式で、話が膨らまず、続きませんでした。それにしても、こちらをチラ見して声をかけてこない男性って、このパターンが多いですよね」

 そして真理恵さんは、元プロレスラーの高田延彦さんをマネて、おどけた口調でこう言いました。

「こっちに気づいているなら、さっさと声をかけてこいや〜」

全ての会話が悲観的

 女性会員の由美さん(33歳、仮名)がお見合いしたお相手は、有名商社に勤める依田さん(38歳)でした。

 お見合いを終えて、由美さんは言いました。

「お断りでお願いします。とにかくネガティブな発言が多くて、1時間のお見合いを終えたら、ぐったり疲れてしまいました」

 会話はこんな様子でした。

 由美さんが、「商社マンって、世界を飛び回るお仕事ですよね」と言うと、「世界といっても、辺鄙(へんぴ)なアジア圏ばかりですよ」「それにしても、海外に行くって楽しいんじゃないですか?」「そうですか? ま、商社なんで海外出張は当たり前です。だけど、僕は出世しませんよ」

 こんなネガティブトークをする男性と結婚したいと思う女性は、まずいませんよね。

 こういう会話をしてしまうのは、依田さんに限ったわけではありません。30代、40代で婚活市場にいる男性は、会話の傾向がなぜかネガティブなのです。

 例えば、「世界といっても、アジア圏ばかりですが、これから発展をしてく国というのは、面白いですよ。そこで生活している人に、生きるエネルギーを感じます」とか、「出世はしないかもしれないけれど、仕事には、やり甲斐を感じていますし、楽しいですよ」といったら、同じことを伝えたとしても、印象が180度違いますよね。

 さらにこのお見合いは、お会計が割り勘でした。

 その日、由美さんは寝坊をしてしまい、慌てて身支度を整え、お見合いするホテルに向かいました。お財布に千円札1枚と小銭が少しか入っていなかったのですが、お見合いでは男性がお支払いしてくださるので、お金はおろさずにホテルに駆け込みました。

 お見合いを終えてお会計の時に、「お支払いは?」と由美さんが尋ねると、依田さんは言いました。

「あ、じゃあ、1500円で」

 ドキリとしました。お財布を開けると、千円札に百円玉が2枚、あとは数枚の10円、5円、1円硬貨。1500円には足りなかったのです。そこで、由美さんが言いました。

「今日、ここまで来るのにお金をおろす時間がなかったので、カードでお支払いしていいですか?」

 すると、依田さんは、「これ僕の分です」と千円札と500円玉を手渡してきたのです。

 こんな時こそ、「いいですよ。ここは僕がご馳走します」と言える男であってほしいものです。

 若い人たちの間では、割り勘が当たり前の時代です。

 しかし仲人型の相談所では、お見合いのお茶代は男性が持つというのが、暗黙のルールです。何かのきっかけで出会い、心を通い合わせるようになった恋愛と、結婚相手を探すお見合いは大きく違います。

 これから関係をスタートさせる最初の出会いで、女性のお茶代が出せるか出せないかは、“思いやり”や“男気”を判断される材料になってしまいます。

 気持ちがまだ通い合っていない時に、男女平等だからと割り勘にされたら、理屈は通っていても、女性からは“ケチ”の烙印を押されます。

 このケースとは別に、お見合い後のお茶代をお支払いする時、「あの、お支払いは?」と女性が尋ねると、こんなことを言ってしまう男性たちがいます。

「ルールで男性が払うことになっているので、ここは大丈夫ですよ」

「お見合いのお茶代は男が払えと、仲人に言われているので僕が払います」

 どうせ払うのなら、女性が喜ぶセリフを言ったほうが良いですね。

「大丈夫ですよ。ここは僕にご馳走させてください。楽しい時間をありがとうございました」

 お見合いで、“どんな行動をとるか” “どんな会話をするか”で、ご縁がつながるかつながらないかが決まるのですよ。


鎌田れい(かまた・れい)◎婚活ライター・仲人 雑誌や書籍などでライターとして活躍していた経験から、婚活事業に興味を持つ。生涯未婚率の低下と少子化の防止をテーマに、婚活ナビ・恋愛指南・結婚相談など幅広く活躍中。自らのお見合い経験を生かして結婚相談所を主宰する仲人でもある。公式サイト『あいかつハウス』http://aikatsuhouse.grupo.jp/