占いは、好きですか? スピリチュアルなものに、興味がありますか? 夢を叶えたい時、恋人や結婚相手を探したい時に、占い、引き寄せ、神霊体験などのスピリチュアルなものにハマる人たちがいますよね。

 婚活ライターをしながら、仲人としてもお見合い現場に携わる筆者が、目の当たりにした男女の婚活事情を、様々なテーマ別に考えてゆく連載。今回は、『占いやスピ系にハマる人たちの結婚観について』考えたいと思います。

見えない力に頼るのもいいけれど……(写真はイメージです)

占い師のお告げで結婚、転居、離婚

 先日、入会面談に来た男性、井本晃さん(56歳、仮名)は、自営業のバツイチなのですが、お子さんがいないので、再婚してお子さんを望んでいました。

 井本さんのように40代後半、50代、60代になっても、お子さんを望んでいる男性がいます。人生はご自身のもの。お子さんを望むことは自由です。ただ問題は、そうした男性と“お見合いをしたい”と思う女性が少ないことです。

 お相手は、出産可能な年齢の女性に限られますし、年の差婚を実現させるためには、男性にそれだけの魅力が必要です。

 私がこう申し上げると、「半年前に離婚した元妻は、34歳でしたよ」と。やはり結婚相談所でお見合いをし、22歳という親子のような年の差婚をしたというのです。

 しかし、よくよく話を聞いてみると、結婚生活の実態がほとんどありませんでした。なぜ離婚になったのか、その理由がこうでした。

「彼女には、心酔している占い師がいて、お見合いする相手との相性をまずは観てもらっていたようです。それで、僕とは“非常に相性が良い”と言われ、お見合い後に交際に入って、すぐに結婚が決まりました」

 その相性の良い二人が、なぜ別れてしまったのでしょうか?

「結婚して、新居をどこに構えるかという話になったのですが、占い師が、『関西に行って生活をすると、非常に運気が上がる』と言ったらしいんですね。

 でも、僕の仕事の取引先や人間関係は、関東にある。関西に行ったら仕事にならない。それを彼女に伝えると、ひとりで大阪に行ってしまって、帰ってこなくなりました。結婚の実態がなくなったので、離婚になりました」

 結婚相手も住む場所も、占い師に言われるがまま。結局、相性が抜群にいいはずの男性とは、瞬く間に離婚となった。ここまで占いを信じていて、果たして幸せなのでしょうか?

 私は、彼に言いました。

「そもそも22歳差の結婚が可能になったのは、心酔していた占い師の教示があったからですよね。有名芸能人、大会社の社長、地元でも有名な資産家というような年齢差を凌駕(りょうが)する条件があって、女性が男性を見る目にバイアスがかからないと、親子のような年の差婚は難しいですよ」

「そうですか」

 結局その男性は、入会せずに帰られました。

神社、パワースポット巡りも大事だけれど

 どんなに努力をしても、その努力が報われないことがあります。

 思いが叶(かな)わない時、自分に自信が持てない時に、人は“神頼み”をしたり、占いに走ったり、パワーストーンに頼ったりしますよね。人間は弱いもの。その気持ちは、よくわかります。

 先日、佐野遥子さん(36歳、仮名)が入会面談に来ました。今まで、2年間、婚活アプリや婚活パーティで婚活を続けてきたものの、“結婚したい”と思うお相手には巡り会うことができなかった。

「アプリで会った方、パーティで会った方の延べ人数は、200人を越える」とのことでした。

 結婚相談所での活動は初めてというので、お見合い婚活について具体的な説明をしました。

 すると、「わかりました。前向きに検討します」と帰っていかれました。しかし、後日、「入会は見送ります」とのお返事でした。

 その理由が、こうでした。

「“自分を見つめ直す”というセミナーに行ったんです。その時に、たくさんの気づきがありました。夢というのは、自分の心が変わらないと、引き寄せられない。“苦しい”“辛い”と思っている中で、婚活をしても、結婚はできない。

 これから3か月は、自分を見つめ直す時間に当てようと思います。セミナーに申し込んだので、それを終えてから、もう一度お見合いすることを考え直したいと思います」

 確かに、婚活を成功させるためには、まずは前向きな気持ちで臨むことが大切です。

 例えば同じ景色を見ても、自分がうまくいっていて前向きな時は美しく感動的なものに映りますが、失敗続きで負のスパイラルに陥っている時はつまらなく味気ないものに感じます。

 ただ、実際に出会わなければ、結婚することはできません。

 以前、「占い師に、吉方にあるパワースポット巡りをすると運気が上がり、いい出会いがある」と言われた女性が、腕に“恋愛に効く”と言われているローズクォーツのブレスレットをして、週末になると神社や霊山を訪れていました。

 そうした“見えない力”を100%否定はしませんが、それよりも毎週末お見合いをしたり、婚活パーティに出かけたりしたほうが、私は早く結婚相手に出会えると思うのですが、いかがでしょうか?

スピリチュアル系の彼と意気投合

 世の中には、予知能力があったり霊感が強く霊が見えたりする人がいるようです。私には全くそうした能力がないので、本当に存在するのかどうかは半信半疑です。

 でも、“信じる者は救われる”という言葉がありますよね(笑)。

 先日、婚活パーティに会員を何名か参加させました。そのうちの1人、依田真紀子さん(33歳、仮名)が見事にカップリング。そのお相手が、パーティに参加していた中でも、1番のイケメン、近藤篤志さん(39歳、仮名)でした。

 仲人なので、全体の集計結果を見ることができたのですが、半分以上の女性が彼の番号を書いており、一人勝ち状態でした。その中で真紀子さんが選ばれたのだから、素晴らしいと思っていました。

 翌週末に初デートをした二人ですが、真紀子さんからこんな報告がありました。

「近藤さん、スピリチュアル系の男性でした。私もスピ系は嫌いではないので、話が合って楽しかったです。あのパーティの日、私と話していて何かシンクロする感覚があったみたいです。

 週末のデートは、外苑前の銀杏並木を歩いたんですが、『今こうやって歩いていても、運命の糸に引き寄せられる気がしている』とおっしゃっていました。このまま結婚に向かえれば良いと思います」

 スピリチュアルなものを否定する女性でしたら、男性から、“シンクロする感覚があった”と言われたら、ドン引きでしょう。

 しかし、真紀子さんにとっては心に響き、近藤さんの“運命に引き寄せられる”という言葉に、近い将来の結婚を感じたのでしょう。

 “夢を実現させる”“結婚を引き寄せる”、そこに占い、パワースポット巡り、パワーストーン、引き寄せセミナーを活用するのは、決して悪いことだとは思いません。スピリチュアルな感覚を信用しても、良いと思います。

 でも、やっぱりリアルに出会っていきましょうよ。

 見えない力に頼るよりも、ひとつの出会いのほうが、私は着実に結婚に近づく気がするのです。


鎌田れい(かまた・れい)◎婚活ライター・仲人 雑誌や書籍などでライターとして活躍していた経験から、婚活事業に興味を持つ。生涯未婚率の低下と少子化の防止をテーマに、婚活ナビ・恋愛指南・結婚相談など幅広く活躍中。自らのお見合い経験を生かして結婚相談所を主宰する仲人でもある。公式サイト『あいかつハウス』http://aikatsuhouse.grupo.jp/